FC2ブログ

亀頭責めの雑感 6

突発的にブログを立ち上げて3年半経ちました。

最近、自分のブログの記事が、転載されていたりすることがわかりました。
個人的にはうれしいことで、そういう場に載せてもらえると、このブログの目的も少し進められるかもしれません。

嬢の名前は相変わらず匿名です。
理由は二つのトラブル防止です。
お店と嬢に不都合がないようにということと、自分へのトラブル防止。
そんなわけで、これからも匿名ですが、ひっそりとコメントとメルアドもらえればどの嬢かはお伝えします。

ちなみに、ブログの記事を書くのでお店や嬢には、自分のことは割れている時もあるようです。
とはいえ嬢もそこはプロというか。
気にしないで責めてくれるのですから、相変わらず普通に楽しんでいるのです。

このところ2店ほど新店開拓をしたのは、安心してリピートできるお店があるとわかったからです。
それらは記事をあげていますが、新しいお店に行くというのは、慣れた場所があると意外とおろそかになります。
それゆえ、多くの人にブログを書いて欲しいと思うわけです。

駿さんは、そんな中でブログを始めてくれた、数少ない方です。
亀に首ったけ…♡

かなりマニアックなお店を開拓するのが得意(失礼?)な方で、いわゆる生殺し的なお店も得意のようです。
駿さんごめんなさい。

しかし、僕のブログを始めたころに、それまでエステ系で書いていた方々があっという間に更新しなくなっています。
参考にしていたブログをいくつかあげますと、
アジアンエステ攻略法 ~ある回春男の体験記~
アンラッキー未完成blog~男の潮吹きへの道~
Gメン多村、多くを語らず。
油崎寿太郎のグッジョブ!マッサ探訪記

いろいろ理由があるのかもしれません。
こういう系統のお店が規制が厳しくなったのかもしれませんし、他の理由があるのかもしれません。
いずれにしても、続けること自体は結構手間にはなります。

僕の場合も、理由なく辞めるかもしれませんね。
とはいえ、ブログを通じてやり取りさせていただいている方もいますし、いつ辞めるかといったらまだわかりませんが。

上記のブログは、それぞれ特徴的です。
それに比べると、自分の書いている記事はなんとも味気ない部分があるというか。
気をつけている店は一点だけで、亀頭責めの不思議な快感を文字でどう伝えるかというところです。

この表現では、『甘酸っぱい』という感覚が一番今ははまる気がします。
たとえるなら、ジャムは甘さと酸味があるからおいしくて癖になるというか。
甘さも酸っぱさも単体なら一瞬の快感ですが、合わさることで、癖になるのですね。

亀頭責めを広めていこうと思ったのは最初のブログの動機でした。
もうひとつ、亀頭責めの快楽の表現をどうしたら伝えられるかというのも、個人的な動機のひとつです。
お店のブログの本数は34本。
3年半なら1ヶ月半に1本ペースで早いものでもありません。

ただ、読んでいただいている方も1年前から比べても1.5倍ぐらいになっています。
そういうのも動機のひとつ。
その一方で、ブログの影響力がどのぐらいかというのも気になるところです。

多少なりとも、反響はあります。
ここは難しいところです。
たとえば自分が入った嬢の記事を書いて、その反響が大きいとして。
既存のお客さんへの影響があることも確かなわけです。

まあそこまで本当に影響があるかはほとんどわからないのですが、そういう影響があるのはお店にとってプラスばかりでもないでしょう。
この点は反省しないといけないところです。
だからこそ、多くの人がブログを書いて欲しいという自分の勝手な気持ちがあるのです。

たぶん、情報を持っている人はたくさんいます。
その中でブログを書いている人はごく少数になってしまうと思うのです。
自分のお気に入りの人をあまり知られてしまうと、と思うのは自然なことです。

しかし僕はよいお店や嬢には多くのお客さんが入って欲しいとも思います。
その情報を得る最初の手段は、個人的な体験ブログに勝るものはありません。
風俗紹介サイトも有効ですが、個人の体験ほどストレートなものもないでしょうし。

ただ、最近のブログの1記事にかけている時間は、記事の長さに比例して長くなっています。
書き上げるのに、ひとつ3時間ぐらいでしょうか。

たぶん慣れた人ならもっと早いのかもしれません。
誤字も多く(数が多すぎて直すのはあきらめました)、勢いに任せてはいますが。
それでも書くというのが時間のかかることも、ブログの増えない理由かもしれませんね。

なにより、亀頭責め特化のブログは把握しているものは、自分のを除くと3つほどです。
そのうち1つは更新が止まっているようです。
まだまだ特殊なテクと思われているわけで、そう考えると、数少ない体験談が貴重になるのでしょう。
僕が亀頭責めを知ったのも、このブログに偶然たどり着いたおかげでした。
手コキ・性感エステの体験記

当時、どういう理由でたどり着いたかは覚えていません。
しかし、イカサレさんのブログは当初から読者も多かったようで、ずいぶん参考にさせていただきました。
非常にバランス感覚が近いというか、いくつものお店を利用する参考にさせてもらったものです。

このブログも、僕の個人的に書いているブログであり、資金も限られる中でお店を利用しますから、どうしてもお気に入りがあると偏ります。
利用してみたいお店や、既存のお店でも入ってみたい嬢はたくさんいるのですね。
ここは難しいところで、亀頭責め店は比較的安価ですが、多くて月2回利用が限界です。
あとはどうしても新宿を中心に数駅の範囲が主となってしまいます。
本当はもう少し先に脚を延ばしてみたい気持ちもあるのですが。。

まあ、限られた中でも楽しみつつ書き続けられたらと思います。
ブログを通じて質問して来る方には、地方からの出張の方も多いです。
せっかく東京まで来て、楽しめないのは残念ですから。
そういう方に、よいお店や嬢をお伝えするのは楽しみでもあります。

一期一会というか、そこでよい思い出になってもらったほうがいいのではないでしょうか。
紹介する人は決まってしまいますが、実は地方からの出張の方に紹介するのが楽しみなのは理由があります。
とりあえず理由は内緒にしておきますけれど。

長々と書いている中ですが、ひとつ個人的な悩みもあります。
亀頭責めを受けすぎなのか、亀頭がサオと同じぐらい感じるようになってしまったことです。

おかげで、亀頭責めを普通にされているだけで射精に向かってしまうのです。
少し前は亀頭は感じてもいきづらいところでしたが、そうではなくなっているようで。。
少し寸止めの練習をしないといけませんね。

意外とブログを辞める理由になってしまったり。。
それでも、よい経験をする方が増えればそれに越したことがないのですけれど。
さて、次回はまた記事の更新をします。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: Re:

コメントありがとうございます!
先輩方のブログは参考になりますね。
それぞれの素性も、一サラリーマンの僕にはわからないですが、どこに行かれてしまったのでしょう。

これからもよろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: エンドレスタイムに関して

コメントありがとうございます。
メール送りました。
迷惑メールに入るかもなので、ご注意ください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

コメントありがとうございます。
タイとは!
メール送りましたが迷惑メールに入るかもなのでご注意ください。
プロフィール

柴田慎也

Author:柴田慎也
亀頭責め好きのブログです。
ほかに無い快感にはまっています。
問い合わせの方はヤフーメール推奨です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
リンク
お気に入り
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード