FC2ブログ

蜜の味

新店を狙いながら、8月が過ぎてしまいました。
入りたい嬢とどうしてもタイミングが合わず。
オフ会からもだいぶ時間が過ぎてしまいましたね。

そんな中での今回は番外編になります。
亀頭責め特化のネタではないので、ご注意ください。

涼し気な夏も終わりにかかってきたある日。
新宿東口で待ち合わせをしました。
涼しくなったためか、人も多く待ち合わせには不向きだったかもしれません。

相手が予定より遅く到着しましたが、現れたのは、一見こじんまりした女性。
女子大生という年齢そのもので、ブラウスにスカートといったいでたち。
これが初めての対面です。

事前に何度かやり取りしていましたが、思ったより落ち着いた印象。
新宿にちょうど予定があるからその前にと、会うことになりました。

彼女の名前はサキコ。
今年卒業の女子大生で、すでに就職前という身のようです。
そういえば、かつてのあの子も同じような身分でしたが。。

参考
初めての亀頭責め

合流して、新宿を歩いていきます。
その道すがら、新宿にあまり詳しくないという彼女を軽く案内します。
「普段は池袋とかでアルバイトしてますよ」
新宿まではそこそこかかるようですが、この後は飲み会とのことで、そこは遠慮なく。

そうして歌舞伎町を抜けていきます。
自分にはおなじみの景色が見えてきます。
歌舞伎町の奥から韓国外までの間は、いわゆるホテル街です。
彼女はサンダルだったので少し歩くのが大変そうでしたが、とことこと一緒に歩いていくのです。

そうして一件のホテルに入ります。
年の差もありますし、ちょっと怪しい感じかもしれませんね。

部屋の中に入ると、ちょっと一息。
サキコは物珍しそうに眺めています。
「このテレビ消えないです」
「間違えると爆音が出るよ~」
そんな会話をしています。

促されるようでもなく、僕はシャワーを浴びに行きます。
慣れたホテルなのでシャワーを浴びてくると、サキコはベッドの用意をしています。
ただし、その恰好は先ほどのまま。
いわゆるCFNMみたいな感じですね。

「どーぞ」
サキコは今度は僕を促します。
そうしてベッドに裸で横になった僕を見下ろします。
その横に腰かけるようにする。

ふふっとあどけない笑顔で笑うサキコ。
そうすると、彼女は僕の肌に指先を這わします。
足をソーっと指先で撫でるのです。

「んん・・・」
つーっと這わされる指先が、甘い感触を与えてきます。
敏感な肌に、びりっとした快感が走るのです。

「ふふ、敏感だね!」
はあっと指先の感触を楽しみます。
その指先がソーっと降りて行って、足先までなめあげていく。
くすぐるような動きですが、頭は感じることしか考えていません。

「ああ、うっ」
反応があるごとにサキコは笑顔を見せます。
指先が今度は上がってきて、内ももを撫でる。
太ももの付け根を、そっとかすります。

「あぐう!」
弱い感触なのですが、それゆえにじれったく腰を手に押し付けたくなる。
しかしサキコはそこを通り抜けて、下腹部のあたりを撫でています。

「いい、ううーー!」
「はは、白くてきれいな肌だねえ」
何度となく、足を撫で上げるサキコ。

生き物のように這いまわる指先が、肌を敏感に反応させます。
快感に喘ぐおもちゃを扱うがごとく、指先がくすぐるのです。
その指は何度も感じる場所をまさぐっては、焦らすようにうごめくのです。

「あぐ、ううっ!」
サキコの指は、いつの間にか上がってきて、胸のあたりを撫でています。
快感に反応して動く僕を止めるように、サキコは左足の上にまたがります。

「これで動けない!」
そうすると、腰のあたりから、もう片方の手で足を撫で上げます。
「あぐ、ふああ!」
刺激に体をよじらせようとしますが、サキコはぐっと体を預けて、それをとどめます。

「あうううーー!」
「感じやすいんだねえ」
そう言いながら、手は動き続けます。
指先が這いまわるごとに、サオが反応してびくっと動く。

「おお、大きくなってる」
「・・・感じちゃうから」
サキコは嬉しそうに笑います。
「背中も感じる?」

そういうと、うつぶせに体制を変えます。
サキコはその太ももあたりに座って、再び動きを止めさせます。
両手の指が、背中を襲う。
ちりっと快感を発しながら、指先が動いていくのです。

つーっと指先で撫でられる背中。
「ああーーー!」
うつぶせの体制のまま、体を起こします。
「すごい反応!」
そういうと、浮き上がった体の前に手を伸ばし、僕の胸をまさぐるのです。

「あう、ふう」
「背中もこんなに感じるんだ」
背中からお尻のあたりまで、指先が動きます。
割れ目のあたりをそっと撫で上げたり、怪しい指先が撫で上げるのです。

「あぐ、うぐ!」
体をよじらせようとすると、サキコの姿が見えます。
裸の僕の上に、普段着そのままの女子が笑顔で体をまさぐっている。
非現実な様子ですが、その現実が甘い感覚を浮かばせるのです。

甘ったるい快感は続きます。
僕の体勢を見て、乳首をくりくりと指先で転がします。
「あぐ!」
思わずベッドに突っ伏すと、今度は背中をさわさわと撫で上げてきます。

どこまで行ってもサキコの指先に翻弄される。
突っ伏した僕の体を確かめるように、笑いながらサキコが撫でてくるのです。
「ふふ、こんなに感じちゃうんだね~」

「じゃあもう一度仰向けになって」
サキコにそういわれると、僕は仰向けになります。
再び指先に襲われると思いきや、サキコは僕の右側に体を寄せると、右の胸に吸い付いてきます。

かぷっと、乳首を飲み込む。
そうして吸い付くようにして、包み込んだ唇の奥で舌で激しく舐めあげるのです。

予想外の動きに一瞬驚きます。
その僕をさらにロックするように、右手でサオをつかみあげる。
そそり立っていたサオが、指でからめとられます。
ローションなどない生の感触の指先が、かえって卑猥な生暖かさを感じさせます。

レロレロと動く舌の周りで、包み込むように胸にキスするサキコ。
その吸い付きは強烈で、びりっと背中に響くのです。
「あぐうううーーーいやらしい!」
サキコは目をつぶって、その味を確かめるようにしゃぶり続けます。

じゅるじゅると、こちらに聞かせるように唾液で胸を濡らす。
しかし全く唇を離そうとしません。
まるで蜜の味を楽しむ少女。

そうしていると、サキコはサオをしごき始めます。
「あぐううううううう」
こちらが翻弄される間にも、より唇が吸い付いてきます。
じゅぶぶぶぶ。
卑猥な音すら、彼女は楽しんでいるようです。

サキコの口の中で、舌で文字通り舐めあげられる乳首。
びりびりと強烈な舌の摩擦が、体を震わせます。
握ったサオは、ぐりぐりとこね回されている。
「ぐあああううううう、乳首いいーーーー!」

「ひもひいいの?」
舐めながらサキコは聞いてきます。
「いい、いいよーやらしい!!」
サキコは再び目をつぶって肉の味を堪能するように強く吸い付いてきます。
舌先の肉が、乳首に絡みついている。

ぶはっと彼女はようやく唇を離します。
はあっと一息つく間もなく、サキコは体を反対に移動し、もう一方の乳首に素早く吸い付きます。
再び蜜の味を味わうサキコの姿。

じゅぷっと、うっすら口紅を塗った唇が吸い付いてくる。
彼女にとってこの肉の味がたまらないように、目をつぶって堪能しているのです。
「はぐううううーーー!!」
サオをまた彼女の手でからめとられていて、ぐりぐりとしごかれています。

「ああーーいっちゃう!」
そういうと彼女はサオの根元を押させつけます。
「まだあ」
そういうと、まだまだと乳首に吸い付きます。

彼女の舌先が、乳首を舐め取っていく。
じゅぶぶぶと卑猥な音を立てながら、唾液を口の中で垂らしては吸い上げていく。
その味がどれだけ好みなのか。

これだけ丹念に舐められたこともなく、その刺激とサオへの刺激が体を熱くします。
背中は燃えるように、快感で熱くなっている。
快感に耐えかねて、彼女の足をつかんで耐えます。
再びそうしていると湧き上がってくるものが。

「いっちゃう!」
「だめー」
そういうと、再び寸止めです。
湧き上がるものが止まったとみるや、再び乳首へ吸い付いてくる。

乳首とサオと。
両方をひたすら責め続けてくる。
サキコは乳首の肉の味を自分の思うように堪能するのです。
性を吸い尽くす新手のサキュバス的な責め。
初めて見たときは、今どきの女子そのものだった姿はもうありません。

じゅぷぷぷという感触が、虜にしてくる。
そうしているうちに何度目かの寸止めで、我慢できなくなる。
「だめ、いっちゃう!」
「だめだよー」

そういって意地悪に手を止めません。
「ああ、だめだめ!」
「まだだよ、まだまだ」
サオをしごく手が止まらず、そのまま。。。

ドプン、ドプン。

「ああー出ちゃった!」
サキコはそう言いながら、しごきあげていきます。
手を伝わる噴き出した白い液体が潤滑油となり、滑らかにサオを刺激します。

ドぷ、ドぷ。
噴き出した液体が収まってくる。
しかしサキコの手は止まりません。
座りなおすと、汚れた手でサオを握りなおし、亀頭を撫で上げてくる。

「あぐううううううううううう!!」
射精した直後の、敏感な亀頭が撫で上げられます。
「ふふーしびれるでしょ」

そういうと、彼女は汚れていない方の手に自分の唾液をだらっとたらす。
舌先から流れ落ちたねっとりした透明の液体を手に取ると、僕の亀頭に塗りたくります。

そうして、亀頭を撫で上げる。
腰を熱くするほどの、敏感そのものの粘膜をこすりあげてくる。
「あぐううううううっぐぐぐぐぐぐ!!」
ふふっとサキコは僕の反応を楽しむように、手を止めません。

ちりちりと表面を撫で上げていくサキコ。
亀頭が燃え上がるように熱い。

「ああああぐううううううううーーーー」
「ほらあ、まだまだ!」



長い射精直後の責め。
それから解放されて、ぐったりです。
彼女が白い液体をふき取ってくれるので、体を起こしながら一服。

「すっごく背中が熱い」
「本当だぁ」
サキコは僕が寝そべっていたシーツを触りながら笑っています。

一体彼女はどこでこんなテクニックを学んだのやら。
でもまあ、それはどうでもいいかもしれないですね。

たぶん、自分の好きな肉の味を楽しみに来たのかもしれません。
彼女にとってそれが、きっと蜜の味、なのかもと。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こ、この出会いはまさか!!^^

Re: 久々の更新

コメントありがとうございます。
たまには、こんな出会いもあります。

Re: No title

のりさんほか数名が知る出会いです!

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

先日は改めてありがとうございました。
東京はなんでもありですね~。
まだ見ぬ女子が女子がどれだけいるか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 素人とのプレイ談はいいですね!

コメントありがとうございます。
これが現実なのですね~。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

コメントいただきましたが、お名前とアドレスなく。。
もう一度送ってください!
プロフィール

柴田慎也

Author:柴田慎也
亀頭責め好きのブログです。
ほかに無い快感にはまっています。
問い合わせの方はヤフーメール推奨です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
リンク
お気に入り
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード