FC2ブログ

トシマローレンス 池袋 2回目 part2

縛られたサオがビクンと脈動を打ちます。
血流が押さえつけられ、さらに怒張するのです。
「縛られていやらしい~」

嬢はそういうと再びサオを撫で上げ始めます。
「時間はたっぷりあるから、たくさん感じないとね!」
撫で上げる嬢の指先が、亀頭をとらえます。

ぐりっと、なぞりあげられる粘膜。
赤黒くあったサオから、甘酸っぱい快感がはじけだします。
「ぐう、うううううううーーーーー!!」

嬢の手が、サオの根元を玉ごと押さえつけます。
亀頭を掌で包まれてぐりぐりとこすりあげられると、悲鳴のような喘ぎ声がでます。
「あががああああううううっうーーーー!!!」

嬢は怪しげな微笑みでそれを見下ろします。
「いやらしいちんぽ! ほらほら真っ赤になっちゃってぇ。ねえ、亀頭とどこを責めてほしいの?」
「・・・乳首」
「ふふう、素直ねえ。素直な柴田ちゃん、いいわ、責めてあげる・・・」

そういうと嬢は体を再び寄せてきます。
横に添い寝するようにしてきますが、亀頭はその間もピストンされているのです。
「ぐ、ぐっ!」
「ほおら、乳首をどうするの?」
「うっうっ、柔らかい舌でなめて・・・」

嬢はその言葉に、乳首にいきなり吸い付いてきます。
じゅーーっという音を立てて吸い上げると、亀頭をねぶっこく撫でてきます。
「あふっ、あうっ!」
乳首を舐めながら、こちらを見つめてくる。
思わずとろけるような光景に、身も心も流されてしまいます。

密着した嬢の胸が腕を刺激し、嬢の足が僕の足に絡みついてくる。
すっかりほてった自分の体に触れる嬢の体は、かなり熱いはずですがそれでもほんのり冷たい感触。
コスチュームの布地を通していますが、その柔らかさがたまらない感触です。
思わず嬢の背中に手をまわし、ぎゅっと引き寄せるのです。

嬢はその力に身を任せて、半分覆いかぶさるようになります。
ぷはっと乳首から唇を離すと、亀頭をつかんだまま抱き着くようにして耳元に口を寄せます。
「かわいいね。柴田ちゃんは私の手マンコを感じにきたのでしょ? 私が食べちゃうから。もっともっと食べてあげる・・・」

思わず両手で嬢を抱きしめます。
嬢はその反応を楽しみながらも亀頭をぐりぐりと刺激してきます。
「あ、ああ!」
嬢の体ごと腰を突き上げてしまいます。

「亀頭気持ちいいねぇ。こんなに腰を動かしちゃってぇ」
さらに嬢は亀頭を握りこみ、ピストンして見せます。
「あっあっあっあ!」
亀頭から出る熱い快感が、嬢の手の肉にさらに押し付けるように腰を震わすのです。

嬢はそっと体を振りほどくと、僕の太ももに再び座ります。
コスチュームの丈は短く、下着が太ももに密着して体温が伝わってきます。
「いやらしいちんぽ。こんなにされてるのにびくびくしてるぅ」

「があああああーーー!」
嬢がサオを倒すようにして、逆手でねじりあげます。
さらに根元を持つと、そそり立たせた先っぽをこすりあげる。

と、今まで以上に亀頭に熱いものがほとばしります。
先っぽの割れ目のあたりを集中的にこすりあげたかと思うと、指ではじくようになぞる。
「ぐあっふうあ! うふぁああああーーー」

嬢はその反応に感じるところを見つけたとばかりに、割れ目をこすりあげます。
涙の出そうな強烈な刺激。
亀頭の中の血液が沸騰するほど熱くなります。

「ぐふううううううううううううう!」
嬢は指を割れ目にそって這わせるように撫で上げます。
撫でられるほどに熱い快感が波打ってくるのですが、強烈すぎて腰が硬直します。

「いやらしいちんぽ! 手マンコで感じたい?」
「手マンコ! あっ、手マンコーーー!」
「ほらあ、騎乗位で責めてあげるよぉ~。ほらほらどんどん責めてあげるぅ」

嬢のすぼめられた手の蜜壺が、亀頭へ近づきます。
その肉の感触を想像してサオがびくびくうごめく。
ローションのぬらぬらした手が、小指から亀頭を押しつぶすように飲み込んでいく。

ぐぐ、ぐりん。
じゅぽっと手の蜜壺が亀頭を飲み込んでいく。
「ぐ、ううううーーー!」
にゅっるるるる、がぽん。
亀頭が掌で圧迫される。

「ああうううーーーいいーーー!!」
「ほおら、飲み込んでいくからぁ」
亀頭を飲み込む手が滑り落ち、サオを落ちていく。
しかし反対の手がすでに亀頭を飲み込み始めている。

「ああーーーー入るーーーーー!」
「入っていくよ! 私のマンコに入っていくよ。ほら、マンコ!」
嬢の卑猥な言葉の連呼に、脳がとろけるほどの興奮です。
嬢の手が亀頭を飲み込むごとに、腰を突き上げてしまう。

狂ったように責め立てられるたびに腰を突き出す。
嬢の手は、じゅぷっと亀頭を飲み込んではサオを深くまで吸い込んでいく。
それが永遠と飲み込み続け、嬢の体内に取り込まれていくようです。

興奮のままに振り上げた腰が、ふと感じるもので止まります。
「いっちゃう!」
「あーだめぇ」
嬢は根元へ手をおろすと、絞り上げてサオをこみ上げる液体をとどめます。
「まだ時間あるよ。120分感じるの!」

そうして絶頂寸前の波を寸止めすると、再び掌を亀頭へ絡みつかせる。
嬢はまた添い寝の体勢になると、舌をレロっとだして乳首を舐めあげてきます。
味見をするようになめた後は、再び吸い付いてくる。
亀頭を鋭い快感が貫き、乳首には甘い快感を与えてくる。
二つの異なった刺激に体をくねらせます。

嬢は唇を離して、密着したまま僕を見つめます。
思わず見つめられた目を見つめ返しますが、自分の表情は快感に降伏する男のものだとわかりました。
嬢は嬉しそうに微笑みます。
「柴田ちゃんの乳首おいし! 思い切り食べてあげるんだからぁ」

そうして左右の乳首を交互に舐めあげます。
「あう、ふうっ!」
甘酸っぱい快感が亀頭へも与えられています。
嬢はほとんど亀頭を解放せず、責め続けている。
サオをそそり立つ方向と反対に倒して、圧迫するようにこすりあげるのです。

「ぐううううううううううううう!!!!」
乳首を堪能したように唇を離した嬢は、僕の胸の上に腰かけます。
「ほら、今度は上に乗ってあげるから!」
そうして僕を拘束するように体重をかけると、背中を見せてサオに触れてきます。

どういう刺激か見えないのですが、サオの存在するあたりから熱い快感がほとばしる。
「ぐあ、ああーーー」
「ほらあ、こうするのが気持ちいでしょ」
サオがぐっと倒される感触。
しかしどうこねくり回されているのかわからず、快感だけが頭を直撃します。

「あぐうううううふうううーー!!」
「ほらほら、ちんぽいいのぉ?」
「あううう、ちんっぽいい!!!」

嬢はぐりぐりとサオをねじりあげます。
それと同時に胸から腰が滑ってきて、僕の口が嬢のお尻でふさがれます。
「ぶぶ、ぶううううううーーー」
嬢は気にすることなく亀頭をねぶっているようです。
しかしその様子は感覚のみが走るのです。

「がはあ!」
あまりの刺激に腰を突き上げます。
「あらあ、そんなに腰を動かしてぇ」
嬢は後ろを振り返って見せますが、手はサオをとらえています。
ぞりぞりと粘膜が確実にこすりあげられているのです。

「がああああああーーーー!!」
喘ぎ声が響く室内が霞み、嬢のお尻だけが目の前に見えます。
そして感じるのは亀頭の快感だけ。
嬢は意図的にお尻を僕の顔へ押し付けてきます。
思わず息苦しくなり顔を動かしてよけますが、亀頭の責める快感に力が入りません。

「あああああうううぅううううーーー」
何をされているかわからない刺激が延々続いてようやく解放されます。
しかし嬢はローションを手に足すと、僕の足に座って手の蜜壺を作ります。

終わることのない手マンコの挿入感。
嬢の手が小指から亀頭をとらえます。
きつい肉厚で亀頭を包み込む。
こちらからすると肉の中に亀頭が入っていく感覚です。

「ぐうううきついいーーーーー!!」
「マンコに入っていくよぉ!」
じゅぷりと手の蜜壺が亀頭を圧迫します。
嬢の手の肉がたっぷり亀頭を犯した後にサオをヌメヌメした感覚で滑り落ちてきます。

しかし、すでに亀頭は次の手に包まれ始めています。
快感の無間地獄責めに、腰が付きあがる。
亀頭を滑り降りてサオを刺激する嬢の手を感じるころには、亀頭が犯されている。
いつまでも肉厚に飲み込まれていき、鋭さと甘ったるさの混じる快感が終わりなくとろけさせていく。

「ほらあ、いつまでも飲み込んでいくよお。ほらほらぁ、亀頭とちんぽを飲み込んでいくよお」
「あふうう、ううううううういいーーーー、マンコーーーーーー!!」
「マンコに入っていくよぉ。ほらあ、飲み込んであげるから。ほらほらどんどん奥に入っていくぅ。入っていくよぉ!」

嬢に飲み込まれる感触がどこまでも続いていく。
喘ぎ声をあげて腰を振りあげる僕の姿は、快感の奴隷のように、どこまでもどん欲に快感を求めて狂っていくのです。
(part3へ続く)

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

コメントありがとうございます。
メール送りました~。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: こんにちは

コメントありがとうございます。
楽しめればいいですが。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

コメントありがとうございます。
メアドいただけたら、お伝えしようと思います。
よろしくお願いします。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: No title

コメントありがとうございます。
メール送りましたが、アドレス入っていますので、非表示にしておきます。
プロフィール

柴田慎也

Author:柴田慎也
亀頭責め好きのブログです。
ほかに無い快感にはまっています。
問い合わせの方はヤフーメール推奨です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
リンク
お気に入り
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード