FC2ブログ

第二回オフ会の開催について

オフ会の第二回開催します。
今回は前回より人数を少しだけ増やそうと思います。

日時:11月18日金曜日
   時間は夕方5時以降で、詳細は後日決定。
場所:新宿近辺を検討中。
人数:幹事含め6名予定。
目的:亀頭責め談義+・・・

相変わらずですが、募集の優先順位は次の通りです。
1.ブロガーさん優先
2.情報を交換したことがある方。
3.その他、亀頭責め好きな方。

今回は何となくですが、私のツイッターで様子を速報でもしようかと思います。
なお、参加方法は、前回と同じです。
1.この記事のコメント欄に、お名前、メールアドレス、おおむねの年齢を記載し、コメントしてください。
2.コメント欄で、参加したい理由などあればお願いします。
3.ブログを書いている方は、URLもあるとうれしいです

詳細な時間、場所については開催一週間前を目安に参加者へお伝えします。
次回以降参加いただきたいので、今回参加を見送らせていただく方も可能な限り返信します。

取り急ぎ、参加をお待ちしています!
なお、お店についても候補等ありましたらご意見ください。

よろしくお願いします。

(追伸)
とりあえずの募集は10月いっぱいの予定です。

(追伸2)
今回は反響が大きく、場合によっては人数を増やすかもです。
10月いっぱいとお伝えしましたが、今週末で締め切りさせていただきます。

募集は終了しました☆
ご意見等はツイッターへ
https://twitter.com/stanza189

オフ会 第一回の様子と第二回

もう1か月半ほど前の日。
このブログを通じで募ったメンバーでオフ会を行いました。

私を入れてブロガー3名と、亀頭責め好きという1名の方。
自身そんなに若いわけではないですが、どうやら最年少になるようでした。

皆さんのネタは私よりずいぶんとすごく、日本にあるヌーディストビーチの話ですとか。
お尻を責められることですとか。
かなり普段話せないディープな感じでした。

住んでいる場所もそれぞれ違いますし、家庭環境もそれぞれ。
しかしまあ、いい時代です。
こうしてネットを通して意外な集いができるのですから。

自分自身は現在は本当に亀頭責め特化でしかお店を利用していません。
それを考えると皆さんいろいろな快楽に関してどん欲。
その考え方は見習わないと。

場所は新宿でした。
個室で安いお店だったので、個人的にはまたそこにしようかと思っています。
今月は私の方の仕事がごたごたしているので、少し待とうと思っていますが。

というわけで、意外に気に入ったので、第二回も11月をめどに開こうと思います。
今回は実は私ともう一人のメンバーは何となく決まっていて、あと2~4名ぐらいと考えています。
でも多くなりすぎるとそれはそれで面白くないので、6名ぐらいならいいかなと。

ちなみに、女性の参加は希望者がまだまだいるのですかね。
もしいらっしゃるようでしたら、このブログにでもコメントいただけたらデス。

エンドレスタイム 新宿 リピート1-9 後編

「じゃあそろそろ四つん這いに♪」
背中にじっとりかいた汗が流れ落ちます。
快感が体の中で渦巻いているようです。

四つん這いになると、嬢は僕の足の間に正座します。
かすかにオイルの残る手を、そろそろと玉にあてがうのです。
そうしてもろだしの快感部分を、撫で上げてきます。

「ん、んん・・・」
強烈な快感ではありませんが、火のついた体が刺激を欲するのです。
嬢はオイルを手に垂らすと、正座した膝にオイルのしずくがぽたっと垂れて濡らします。
体の下から除くと、そのしずくがいやらしい光景を見せるのです。

期待が高まる頭に、『早く触って・・・』という思いがこびりつきます。
嬢は答えるように、その手をそっと股の間へ差し込んでくる。
しかしサオをすぐに刺激することはしないで、足の付け根をさわさわと触れてくるのです。

「あう、んん・・・」
気持ちはいいけれど、物足りない。
その感覚に腰がかすかにプルプルと震えてしまいます。

甘い快感を前に、焦らすような弱い快感。
嬢が指先で軽く玉を撫でるごとに「アッ」と叫んでしまいますが、肝心な部分にはなかなか触れません。
快感の拷問。
早く欲しいという思いで、そそり立ったサオがぴくぴくと動くのです。

そうして焦らされてから、嬢はもう一度オイルを手に足します。
ようやく、手が伸ばされてきて今度はいきなり亀頭を包み込む。
突然の刺激に腰がびくんと反応します。

「うう、ぐううううう!」
うしろから差し込まれた手でぐりぐりと、圧迫するような亀頭責め。
嬢のもう一つの手は玉を持つように根元を絞ります。
うしろからかぶされた手の肉が、甘酸っぱい刺激を与えます。

「あああぐううううううううくうーーーー!」
うしろからの刺激は強烈で、腰を跳ね上げさせます。
嬢はその動きに合わせて追ってくるように亀頭をぐりぐりとこすりあげる。
覗き込むと、亀頭が艶めかしい触手に絡み取られて舐られているのです。

うしろから無慈悲な責め。
その興奮と快感から腕に力が入らなくなり、顔をベッドに突っ伏してしまいます。
「はあはあ、うううううーーー!」

「あーやらしいあつあつちんぽ♪」
嬢はサオをうしろにしっぽのように引き出します。
そうして根元を絞るとそそり立たせ、ドアノブのようにぐりぐりと亀頭をねじります。

粘膜を焼き切るような刺激が、快感に置き換わる。
「ぐふううぅぅーーーーー!!」
亀頭がねじ切れそうなほどに熱くなりますが、さらに血流が快感を流すのです。

じっとり背中には汗が噴き出しています。
嬢は掌で、圧迫するように亀頭を嬲ります。
腰を突き出しては声にならない喘ぎ声をあげる。
「ががあああああーーいいーーー!!」

額にかいた汗を何とかぬぐうと、横を見つめます。
そこにはこのホテルに時々備え付けている鏡。
嬢は四つん這いの後ろに引き出したサオを握りしめ、亀頭をねじ回しています。

感じるだけの体勢。
ぐちゅぐちゅと嬢の掌が亀頭へまとわりついて粘膜を手でなめとります。
腰を突き抜ける甘酸っぱさが、理性をとろかす。
「はあ、あぐうううう、ちんぽーーーー! いいーーー!」

嬢はふと、体を僕のお尻と背中につけてきます。
密着すると、両手を腰の左右から差し込んでくる。
そそり立つ方向へ戻されたサオは僕の腰の下ですが、嬢の手がずりっと伸びてきます。

嬢の体を預けられ、サオの根元をそのまま絞られて亀頭をつかみあげられます。
ぐりぐりと、完全疑似後背位での亀頭責め。
「あふっ、あううううううーーーー」
甘い密着と下からの亀頭の快感が挟み込んでくるのです。

亀頭の快感に思わず腰を振りあげると、嬢が体で受け止めます。
ひそかに拘束された体位で、粘膜がこすり続けられます。
「ギンギン♪」
亀頭を掌でこすり続ける嬢は、後ろから甘ったるい声をかけてきます。

嬢は今度はピストンするように、亀頭をしごきます。
オイルでヌルヌルの嬢の手の肉が、綿のように圧迫してくるのです。
「ふぐうううううーーー!」
またも腰を突き出しますが、嬢が体で受け止めるのです。

じゅぷじゅぷと、ピストンする動き。
思わず湧き上がってくるものが。
「いっちゃう!」
嬢はすっと亀頭から一度手を放しますが、再び亀頭を撫で上げます。

「ぐぐぐうううううぅぅぅぅ・・・」
亀頭責めそのものでの寸止めです。
快楽の苦痛が亀頭を満たし、上がってきた液体を落とします。

嬢はまたサオをうしろへ引き出します。
そしてしっぽのようになったサオの先端を、ぐりぐりとねじりまわすのです。
「はううう、うううううう!!」
息が一瞬止まる強烈な快感に、再び頭をベッドへ突っ伏します。

「あつあつちんぽ♪」
嬢は亀頭をねじ回しながらピストンします。
お腹までえぐるような鋭い快感が、次第に甘酸っぱくなる。
苦しみの混じる快感に思わず液体を吐き出したくなるのですが、めりめりと後ろへ引き出されたサオが快感に溺れるだけです。

引き出されたサオのかすかな苦痛が、快感に上乗せされて脳を刺激します。
「が、あああううううーーー、ふあああああああーーーー」
喘ぎ声だけが満たす室内は、自分の熱気で室温が上がったようです。
嬢は反応を楽しむように、手を止めることなく亀頭をすりあげてきます。

余力を絞って体を持ち上げると、後ろに引き出されたサオが、嬢の指にからめとられているのが見えます。
くちゅ、くちゅっと征服されたサオをピストンされる。
その刺激に再び喘ぎ声で室内を満たすのでした。

続きを読む

プロフィール

柴田慎也

Author:柴田慎也
亀頭責め好きのブログです。
ほかに無い快感にはまっています。
問い合わせの方はヤフーメール推奨です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
リンク
お気に入り
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード