FC2ブログ

初めての亀頭責め 終章

今年も残すところ後わずかになりました。
2013年は、日本の景気も少し上向き加減ですが、夏は暑く冬は寒い気候です。

仕事が立て込んでケイさんとは年内会うのをあきらめていましたが、幸いお互いの予定が合い、会うことになりました。
ケイさんは12月中旬に旅行に行っていたとのことで、会ったのは12月の終わり。
電車が人身事故で止まったりとしましたが、待ち合わせはいつもの駅でした。

ケイさんは変わらず、黒髪と黒いコートでした。
「この前買うって言っていた時計、お店にはなかったのですよ~」

最近バイトを新しくしたようで、大手ネット通販のアルバイトをしているようです。
手になぞの時間のメモがありましたが、「消し忘れてました。シフトです!」とのこと。
ちょっとおっちょこちょいなところも変わりませんね。

ランチをしようとしていたお店は臨時休業でした。
仕方なく別のカフェでランチにしましたが、そういうことにこだわらないのがケイさんのいいところでしょう。
ランチを二人で楽しみました。

そうしてランチ後は、ホテルへ。
しかし、年末が迫っているためか、どこもいっぱいです。
20分ほど二人で歩き回り、ようやく空いているところにたどり着きました。

「今日は混んでるね」ケイさんがいいます。
「なんだろう。年末だから?」

とはいえ、ホテルの部屋で一服すると、それぞれ用意です。
僕がシャワーを浴びてくると、ケイさんは髪を束ねていました。
前回束ねたほうがよいことがわかったようで、耳を出す色っぽいスタイルです。

ケイさんは袖をまくると、掛け布団をベッドの下に降ろします。
僕が裸で寝転ぶと、ケイさんはひざ歩きでゆっくり僕の腰の右側に座ります。
すっかりなれた手つきでローションのチューブを絞ると、手にたらして両手になじませます。

「ふふ」ケイさんは笑いかけます。
僕が笑顔を返すと、そーっと右手が伸びてきて、玉にたどり着きます。
多めにつけたローションを軽く玉に触れて伸ばします。

「あっ」僕が思わず声を出します。
ケイさんはかまわず少し手をそらして幹の部分に触れます。
すっかり大きくなった幹をゆーっくりと、行ったりきたりと刺激します。

腰を思わず僕が浮かすと、ケイさんの手は、亀頭を包み込んでしまいました。
手で亀頭をすっかり包み込むと、ゆるい動きで粘膜の刺激です。

じんわりとする亀頭の刺激が、頭の中に甘酸っぱい刺激を与えます。
「ああ、いい」
ケイさんはにこりと笑うと、亀頭への刺激を早めます。
ぐちゅぐちゅと、ローションでこすれる音が響きます。

「いやらしいよ・・・」僕は思わず言います。
ケイさんはこれ見よがしに、今度は両手で亀頭を包み込むと、ぐっちゅぐっちゅと、卑猥な音を立てます。
すっかり痴女ぐあいが身についたケイさん。
清楚な女子大生は、僕の亀頭を刺激するうちに、本性を現したのでしょう。

亀頭は今度は右手で先っぽからつかみこむようにされます。
グリグリ強い刺激。
きつく、絞られる刺激に腰をベッドに押し付けてしまいます。
「あぐぐ、いい、気持ちいい・・・」

すでに高まった快感に、「いっちゃう!」と僕は叫びます。
ケイさんは、手をそっと亀頭だけにずらすと、すりすりと亀頭のみの刺激に切り替えます。
「あっあ!」と、亀頭のイケない刺激に切り替えられる。
この子は、すっかり亀頭責めのコツを飲み込んだようで、何度となく寸止めをされてしまいます。

何度となく寸止めされ、いく感覚が遠ざかって亀頭責めの甘い刺激に頭が満たされはじめたころ。
ふと、ベッドの先には全身が写る鏡があることに気づきました。
別アングルからの、ケイさんのお尻をなめるような映像。
「鏡に映ってる」僕が言います。
ケイさんはそれを確かめると顔を赤らめるようにして、「恥ずかしいね」と笑います。

サオの裏筋を刺激するケイさんの手の動きを目でも楽しんでいると、再び両手の責めへ。
ケイさん得意の、片手で亀頭をピストンし、片手で玉を揉む動きです。
亀頭責めと玉責め、それぞれ反対の動きをします。
亀頭と玉が持っていかれる感覚。
下半身が飲み込まれたようになります。

「ああー、ん、んんー」
ケイさんは僕の顔を見ると、ふふっと笑ってまた亀頭を凝視します。
責めている時間のほとんどは、亀頭をじっと見ている。
やがて僕の足にまたがると、あそこを布越しに僕の太ももに擦り付けて、偽騎乗位スタイルになります。

サオを立たせると、手を亀頭を滑らすように降ろしては、刷り上げる。
かすかに腰の動きが連動し、騎乗亀頭責めで犯されます。

「ああー、気持ちいいよ。幸せだよ」
ケイさんは喜ぶように、今度はぐっとサオを自分のほうに倒します。
そそり立つ方向と逆の、勃つ動きを利用した亀頭責めです。

亀頭をゆっくりクチュクチュとすります。
ギンギンになっているサオはそそり立つ方向に戻ろうとして、余計にケイさんの手に押し付けられます。
鋭い、快感の電撃が走るようで、腰がビクビクと浮き上がり、刺激を自ら強くします。
しかし、気持ちよさからその動きに僕は身を任せます。

サオが開放されると、おなかに亀頭がトンとぶつかります。
ケイさんは、僕の足の間に位置を変えると、体を牝豹のポーズにしてお尻を突き上げ、亀頭を目の前にします。
右手で先っぽからつかむと、そのままピストンです。

「んああ、いいー。気持ちいいよ!」
「すごい」
ケイさんはそう言うと、顔を亀頭の3センチ辺りまで持ってきて見つめます。
そして、再び亀頭と玉の責め。
亀頭を見つめる非現実なケイさんの演出に、思わず腰を振ってしまいます。

快感が腰でうごめく。
ケイさんはその距離を遠くにすることもなく、手を止めません。
ぐっちゅぐちゅと、無防備な姿のままで亀頭をもてあそびます。
「亀頭が溶かされちゃうよ」
うふふとケイさんは笑うと、唇をさらにぎりぎりに近づけ、擬似フェラチオのように魅せます。

「ああ、あっあっあー」
ケイさんは亀頭との距離が毎回近くなっています。
亀頭を目前にして、さらに今回はそそり立つ方向と逆に倒す責め。
手が外れたら反り返りでケイさんを掠めてしまいそうに。

ケイさんは僕の太ももによじ登り、胸とあそこを僕の足に密着させます。
そうすると、鏡に映る亀頭とケイさんのあどけない顔が、丸見えになります。
目の前では胸をすりつけ、鏡には腰を足に押し付けて亀頭を手でむさぼる姿。
「ああ、んあああ!」
亀頭責めに翻弄されながら、目の前にやらしい現実をケイさんが見せるのです。

ケイさんは、体を足にこすり付けてきます。
だんだん慣れてきて大胆に、責めを視覚的に見せる。

「あっああぁ!」
僕のあえぎ声が響く以外は、くちゅくちゅとケイさんの手と亀頭がすれる音が卑猥に響きます。
いつの間にか、どのぐらいの時間がたったのか。

ケイさんは体制を偽騎乗位にしたり、牝豹の姿で責めたり。
僕の亀頭を手で何度も溶かすように飲み込みます。
両手で責め、いきそうになると亀頭のみを刺激。
「ああー」という僕の声を出させるように、亀頭と玉をピストンで責め立てます。

あつい。
亀頭がすっかり暑くなりました。
すると、ケイさんの手もすっかり熱くなっています。
亀頭の血液の熱さと、責める動きの暑さですっかり上気しているのでしょう。

「暖房切りますね」
暖房が切られ、部屋は著度いい温度になりますが、僕は亀頭を責められ続け、腰が止まらずふうっと息を吐いてしまいます。
ケイさんは最後まで亀頭からほとんど手を離しません。
ローションを足すときは片手で刺激を続ける。
若さというか、責め続ける体力はどこからくるのでしょう。

そうして何度目かの、僕の足の間での牝豹の姿の責めを始めると、再びサオにこみ上げてくるものが。
「我慢できないですか?」
「うん、いきそう」
「そうしたら」

ケイさんは少し体を起こすと、亀頭と玉の責めをはじめます。
しかし今度はイカせる動き。
幹を手でなめると、僕の腰が痙攣し。。

「いくぅ!」

ケイさんが亀頭をつかんで噴射を抑えます。
ドロドロした白い精液が、ケイさんの手に張り付いて落ち、玉を持っていたもう一方の手を汚します。

「ああー、すごい量」
刺激に比例するように、僕の精液は大量に搾り取られました。
ケイさんは最後の一滴まで搾り取るように幹をしごくと、白く汚れた手を亀頭から離します。

ケイさんは、満足げな笑顔で精液を出し切ったサオを見ています。
「ありがとう」僕は言います。
そうして汚れたサオを、ケイさんは優しく拭いてくれました。

ことの終わり。
ケイさんと僕は部屋の冷蔵庫にあったドリンクを飲んで、たわいのない話をしました。
さっきまでの痴女はなりを潜めて、あどけない女子大生に戻る。

ふと、思いました。
来年度には彼女は就職している。
そうすれば、忙しくなって会えなくなるだろうと。
実際、今もお互い少し遠い距離にすんでいます。
いずれケイさんは都内に一人暮らしをすると言っていましたが、彼女は今の自由な時間に、僕の趣味に付き合ってくれているわけで。

ひとつ、年の区切りです。
彼女が初めてといっていた亀頭責めを受けてから2ヶ月あまり。
ケイさんも、年が変わって気持ちが変わる可能性があるかも知れません。

ひとまず年末。
ここで今年の亀頭責めは区切りです。
来年、またその刺激を求めてしまう僕がいるのですが、ケイさんと駅で別れて思いました。

ひとまず終章。

初めての亀頭責め その3

横浜に亀頭責めの新規風俗店ができたようです。
横浜はちょっと距離があるのでまだ足を向ける予定はありませんが、それなりに認知されてきたのでしょうか。

そうした亀頭責めの進出を時々見ていますが、今回もケイさんの話の続きです。

前回の亀頭責めから数日して、僕はまたケイさんに連絡しました。
これまでは土日の彼女のバイト前に会っていたのですが、土日はちょっと都合が悪いとのこと。

何度かメールで話しているうちに、今回は平日会うことになりました。
場所は前回とほぼ同じですが、ランチで前回と違うカフェに行くことにしました。

ケイさんは、どうして亀頭責めをしようと思ったのか?
それは聞いたことはありませんが、あえて突っ込んで聞くことでもないでしょう。
そのうち、聞いてみることにしましょうか。

ケイさんは、待ち合わせ場所にいつもの、おそらく好きな黒いコートでやってきました。
黒髪を振って、今回は先に向こうが僕を見つけてくれました。
「ちょっと暑いかも」
冬に入ったところと思いますが、日差しも強く暖かな感じです。

お店までは10分弱。
その間桜並木や、古民家を一緒に見ながら歩きます。
僕も身長180センチ近くありますが、彼女も靴をプラスすると、顔はほとんど目の前に来ます。
古民家にはしゃぐ彼女は、無邪気そのものです。

カフェは、前回とは違い、軽食のできるおしゃれなお店でした。
ケイさんはハヤシライス、僕はカレーを頼み、コーヒーとともに話をしました。
彼女は就職の研修が始まっており、一生懸命であること。
出身は九州であることなど、いろいろな話をしました。

最後にタバコを一服。
お互いその点を気を使わないのはいいことです。

そうして腹ごなしがすむと、少し歩いてホテルへ。
彼女も3回目とあって、特に戸惑うことなく二人で選びます。

平日のせいか、ホテルは比較的空いていました。
中に入ると、彼女はいそいそとコートを脱ぎます。
「シャワー浴びてきます」
彼女に促されて、僕はシャワーを浴びます。

タオルを巻いて僕が浴室を出ると、彼女が一服して待っていました。
どうやら、僕よりヘビースモーカーかもしれません。

「掛け布団、全部取りますね」
そういうと、僕が寝転ぶ場所をケイさんは確保します。
僕がテーブルに置いておいたローションを取りに行くと、足元に腰を下ろします。

「じゃあ行きます」
「髪の毛、大丈夫?」
前回、ケイさんの髪にローションがついてしまったのを思い出しました。
「袖口用だけど。。」彼女は袖につけていたヘアゴムで、後ろに束ねます。

耳をさらしたケイさんの顔は、今まで見たよりずいぶん大人っぽく見えました。
「恥ずかしい。。」そういいますが、顔がはっきり見えて好感度アップです。
それを裸の僕を見下ろすのは、また非現実な怪しい雰囲気なのですが。

部屋の中は、今日は明るいままでした。
彼女の少し恥ずかしげな表情を見ていると、ケイさんはローションを手にたっぷり乗せました。
「さあて」
そういうといつものように、裏筋からそっと撫でるようにローションを擦り付けます。

「あっ・・・」僕は声を出します。
ケイさんの手は滑らかで、心地よくサオをくすぐります。
手はゆっくり、上へ登っていき、やがて亀頭の裏筋を撫でます。

ケイさんの手は、亀頭をきゅっとつかむと、指先でぐにゅぐにゅとこすりあげます。
これまでより、ジリジリする甘酸っぱい刺激。
「あ、ああー!」腰を震わせて感じてしまいます。

ケイさんはかまわず、今度は手のひらを開いて、手の腹だけでスリスリと亀頭の粘膜を刺激します。
ゆっくりですが、亀頭を熱くする摩擦。
刺激が強く、腰に突き抜けます。

「いい、気持ちいい」
ケイさんは少し恥ずかしさを無くして、にっこり微笑みます。
顔の表情が見えるため、余計に明るい笑顔に見えました。
「もうケイさん以外に考えられないよ。。」

ローションが追加されると、右手で亀頭を刺激したまま、左手で玉を包み込みます。
ケイさんはこの責めが好きなようです。
亀頭を右手でグリグリすると、左手は玉を持ち上げ引っ張る動きで答えます。
上から下からの刺激、下半身をもみくちゃにされる卑猥な動きに「んー、ああー!」とあえいでしまいます。

「すごい、ケイさんの手が気持ちいい」
ケイさんはまた満面の笑みで答えると、動きを早めます。
くちゃくちゃ、ローションの奏でる玉と亀頭への刺激が、そこだけ違う世界に行くかのような快感です。

僕の左足に乗っていたケイさんは、腰を落として僕の足に体を摺り寄せます。
あそこから、胸まで足に貼り付ける格好。
顔が亀頭の数センチに近づき、今回もあどけない顔との対比を僕へ見せ付けます。

意識しているのでしょうか、こすりあげられる亀頭と自分のローションで光る手を凝視します。
「あ、あっあっあ、うん、最高!」
ケイさんは亀頭をそそり立つ方向と逆に倒すと、片手だけで今度は粘膜を刷り上げます。

鋭い快感に、「うああ、あんああー」と僕は混乱の声です。
腰を突き上げると、さらにケイさんの顔が亀頭へ近づきます。
そうするとケイさんは少し体を起こして、両手を組んで輪を作ると、亀頭から幹まで飲み込んでピストンです。

くちゅくちゅくちゅ、室内に響きます。
ローションでビンビンに血管を浮き上がらせたサオが、手に飲み込まれては顔を出す。
「幸せ…」僕が言うと、ケイさんは微笑んで激しい動きに。

「ちょっと休憩~」
そういうと、人差し指で亀頭の先を触ります。
クリクリとして、先っぽを割るかのような動きをして焦らすと、ケイさんはさらに手にローションをたらします。
ゆーっくりと、下へ手をおろすと、僕の腰にこみ上げてくるものが。
「いきそう!」

ケイさんはそっと手を亀頭だけに貼り付けると、そっと柔らかにすります。
鋭い刺激に変わり射精感が遠のきます。
亀頭責めを寸止めに使う、前回よりも卓越したテクニックに、僕は充足感に満たされます。

遠のいた射精感をはかって、ケイさんは再び幹まで下ろす亀頭責め。
また僕は「いく!」と声を出すと、また亀頭だけが責められる。
寸止めの繰り返しに、「今日はすごく感じている」と僕は言います。
「すごく熱くなってる。。」ケイさんは亀頭をつかんで言います。
亀頭責めと寸止めに、血液が密集して発熱しているのです。
その体温を感じ、言葉にするのです。

僕自身を包んで笑顔になるのは、彼女が亀頭責めの味を知ったのかもしれません。
何度も責めてくれる、それだけで僕にとっては快楽なんですが。

ケイさんは再び体を倒すと、僕の足に胸もあそこも擦り付けます。
そうして亀頭と玉を包む責めの開始。
思わず僕は腰まで振り上げると、ケイさんのあそこに足があたります。

最初は少し腰を引いたケイさんですが、次第に亀頭を刺激する動きに合わせて足に体を擦り付けてきます。
胸は豊満ではありませんが、やわらかいふくらみが太ももに、あそこは足先に。
亀頭と玉はケイさんの顔の前。
彼女自身も責めることの快感を享受しているようです。

「気持ちいい、幸せ。ありがとう」
僕がそういうと、ケイさんは今日一番の笑顔で答え、「気持ちよくなっているんですか…」と甘えるように答えます。

ケイさんは何度も体制や角度を変え、亀頭に玉に、責め立てます。
ふと、ケイさんは玉を責める手を見て、軽くグーに握りました。
すると、そのグーで玉をグリグリと責め立てます。

これは意外な刺激でした。
亀頭とは違う快感がきゅっとサオ全体を締めるかのようです。
思わぬ責めを感じ、僕はさらなる快楽におぼれていきました。

1時間半近くのノンストップの責め。
途中、落ちてきた袖口を僕に「めくって」と言いつつ、手をローションまみれにしての懸命な責めです。

何度も何度も寸止めをされて、僕は快感の渦に飲み込まれていきます。
足に体を擦り付けての責めの合間に、頬を僕のふとももに寄せると、温かく上気した顔の体温が伝わってきます。
汗もかいているようで、肌が光って見えます。

やがて、寸止めの回数がすっかりわからなくなったころ、「そろそろいきます?」
僕がうなづくと、彼女は玉の刺激を強くし、亀頭と幹を滑らす手を早めます。
「ああ、すごい、感じる!」
込みあがってくる液体に、彼女の手は容赦しません。

ぐちゅっぐちゅっ、と響く音が聞こえなくなる快感の爆発に僕は叫びます。
「いくー!」

ビュッ!
吹き上げた精液は、ケイさんの顔の高さまで吹き上がると、数十センチ離れたシーツに落ちます。
さらに後から吹き上げてくる白い液体が、彼女の両手をどろどろに汚します。

ケイさんは驚いた顔で、精液が流れるのを眺めます。
顔の寸でのところを通った精液の落ちたところをみると、「こんなぴゅって出たの、初めてだね!」と歯を見せる笑顔を向けてきます。
幹から亀頭へ絞り上げるようにし、精液を全部搾り出してくれます。
その刺激にはあっと僕は息を吐きました。

ケイさんも責め疲れたようで、しばらく部屋で休んでから部屋をでました。
夕焼けがまぶしい先に歩き、電車で途中まで一緒に帰ると、分岐の駅で別れます。

その後、彼女からメールが。
「ゆっくり休んでくださいね!」

その日最後の優しさの刺激を受けて、僕は満足に返信しました。

初めての亀頭責め その2

前回記事の、続きになります。
相手の名前がないと書きづらいので、仮に「ケイさん」として書いていくことにします。

ケイさんに亀頭責めをされてから数日後、メールで連絡を取ってみました。
今はバイトで忙しいと言っていたのですが、「シフトが出たら、また会いましょう」ということになりました。

後で知ったのですが、大学の授業がほとんど無い今、バイトで稼ぎ、来年は実家から仕事へ通ってお金をためて一人暮らしをするとのことでした。
確かに非常に気を使う人であり、うっかりやでもあり。
それこそ亀頭責めとは縁が遠いような感じがするのです。

そうして、待ち合わせを決めました。
今回は僕から、「昼ごはん食べない?」と提案しました。
ケイさんは「カフェに行きたい!」とのこと。
とある駅のカフェを食べログで見つけ連絡すると。
「ぜひ行きたい!」とのことでした。

そうして待ち合わせ当日。
僕は少し前についてカフェの下見をしていると、ケイさんからメールが。
「電車寝過ごしてしまいました~」とのこと。
バイトで忙しいといっていたし、疲れているのかもしれません。

少し遅れて登場した彼女は、肩にかかる黒髪をなびかせて、キョロキョロと僕を探しています。
ふと目が合い、ケイさんは「遅くなっちゃいました」と申し訳なさそうに言います。
「大丈夫。疲れているんじゃない?」と軽く話すと、歩き出します。

数分歩いてカフェに到着。
大通りから離れて古民家を改修した外観で、とてもおしゃれです。
「すごい楽しみにして、パンケーキがおいしそうなんですよ!」とケイさんははしゃぎどおしです。

店内はレトロな家具や調度品があり、順不同にたくさんの本が棚に飾られています。
メニューを開くとケイさんは、「やばい、迷う!」と大騒ぎです。
あれこれ迷って、ケイさんはフルーツのパンケーキ、僕はサラダつきのパンケーキにそれぞれコーヒーをつけました。

ケイさんのパンケーキが運ばれてくると、パンケーキにアイスとりんごのコンポートが乗ったものが。
「めちゃやばい!」とケイさんは女子大生そのものの反応です。
横の棚にある本を読んだり、お互いの料理を少しずつ交換したりして、料理を楽しみました。
「全部のパンケーキ食べたい」とのケイさんの宣言でランチがお開きになりました。

さて、これで終わりではありません。
ケイさんと僕はホテルへ向かいました。

その途中、ケイさんは「タバコを買いたいです」とのこと。
幸い自分も吸うので気にならずです。
二人で喫煙所で一ふかししてから、改めてホテルへ。

ホテルへつくと、僕はシャワーを浴びます。
その間もう一服のケイさん。
そうして僕が出てくると、渡したローションを持ってきます。

「ホテルの時間を見ておかないと」ということで、僕のスマホのタイマーを仕掛けておきました。
その時間90分ほど。
その時間、責められるのでしょうか?

僕は裸になって、ベッドへ仰向けになります。
ケイさんは服のままです。
ローションがつくかもしれないのですが髪を縛ることなく、僕の足に乗ります。

ローションを手にたらすと、まだ半勃ちの裏筋へ、そっと塗りこむように手のひらで触れます。
「んん」
ケイさんは何度もサオをすると、次第に上に手を登らせます。
そうして、亀頭へたどり着くと、急にペースを上げて亀頭をつかみます。

亀頭を指の腹ではじくようにすると、さらに指で挟みこんで指から亀頭を出し入れします。
「うああ」僕は声を上げます。
ケイさんは反応に笑顔を見せると、左手で玉を持ち上げるように摩ります。
前回、僕がすきということを覚えていたのでしょうか。
亀頭をこする動きとあわせて、玉をもみます。

前回よりずいぶん大胆な動き。
「ああー」
快感が爆発するほどではありませんが、じんわりした刺激に、喜びがこみ上げてきます。
あどけない顔でじっと亀頭を見られると、それだけで興奮します。

今度はサオがぐいっとそそり立つ方向と逆に倒されます。
押し付けられるように亀頭を手のひらですります。
亀頭を押し付ける圧力の快感から、僕は声が止まりません。

押し付けたままの亀頭を握ると、グリグリと回すように亀頭を刺激してきます。
急に押しあがってきて、「いきそう!」と僕がいうと、ケイさんは軽くするだけの動きに。
亀頭の刺激だけで、射精感は収まります。
いつの間にか寸止めもうまくなっています。

「間に座っちゃいます」というと、僕の足を開かせて間に座りなおします。
そうして両手を組むと、そのまま亀頭を包み込みます。
ピストン亀頭責めです。

前回亀頭責め処女を奪った粘つく壷に、亀頭が吸い込まれていきます。
ぎゅっと包まれる亀頭は苦しくもひりつく刺激。
クチャクチャ音を立てるようにピストンするのです。

「いい! すごく気持ちいい」
「感じちゃうんですね。。」
「すごく幸せな気分になるよ」
「感じているのを見ると、うれしい」
「ケイさんの責めのとりこだよ。。」

ケイさんは本質はSなのかもしれません。
うっとりするような目で、亀頭を凝視する。
両手をピストンするのはプチ痴女です。

「胸に乗って、かくしてせめて」僕はオーダーすると、ケイさんは笑います。
「ちょっと恥ずかしいけど。。」
とはいえ、僕の胸をまたぐと、背面騎乗になり、亀頭をつかみます。

ケイさんは背をそらすようにして、騎乗位で感じているような姿をとります。
そうして、亀頭と玉をさっきと反対からつかむと、亀頭を刷り上げ玉をもみます。

「うああ、いいー。手が吸い付く!」
腰をばたつかせますが、ひたすら空振りでむき出しの亀頭を責められます。
ケイさんはさらに強く、今度はまたサオを倒して圧迫の責めです。
吸い付きの強いきめ細かい手の肌が、亀頭を吸い取るようです。

好きな責めに、ジリジリと行けない快感が腰を貫きます。
目の前にはケイさんのヒップ。
微妙にグラインドして、そのたびに亀頭への責めは変わります。
「ああー、んんー、気持ちいい」
僕は感じていることを積極的に伝えていました。
そのたびに、ケイさんは満足げに微笑んで、さらに亀頭への責めを強くします。

まだ未熟な動きもありますが、それが快感を与えていることが喜びなのかもしれません。
逆手に亀頭をつかんでいるようで、その快感はさらに僕の腰をばたつかせました。

「ちょっと休憩。」
そういうと、胸からおります。
体重を僕にかけないようにしていたようで、一瞬ふらつきます。
「大丈夫?」僕が声をかけると、「ちょっとしびれた。。」とのことでした。

そうして、再び僕の足の間に座ると思いきや、そのまま顔をサオに近づけ、頭を下げた四つんばいの姿に。
亀頭をほぼ目の前にして、手のひらで亀頭をすります。
見つめるというより、ほとんど目の前。
思わずそこまで近づくケイさんに僕は驚きましたが、そのままサオを自分の顔のほうへ倒して見つめ続け、亀頭の責めを止めることはありません。

ローションを足しつつ、亀頭との距離は変わりません。
くちゅくちゅ音がして、数センチの距離の亀頭責め。
亀頭と女子大生の並ぶ景色は、卑猥な非現実です。

「いやらしいよ」
「んふふ」
「すごい気持ちいい。やらしく出入りしてる」
「病みつきにされちゃうよ。。ケイさんの手が吸い付いて、最高」

ケイさんは両手を組むピストンをします。
「あっあっああー」
グリグリとしたかと思うと、至近距離での亀頭・玉もみです。

今射精したら、完全に顔にかかってしまうでしょう。
亀頭責めで無ければ、完全に汚してしまいます。
それでも、亀頭責めは続けられます。

ケイさんは疲れたらしく、頭を僕のふとももに預けます。
なんともかわいらしい亀頭責め。
「それ、すごく幸せな感じ」
ケイさんは一瞬僕を見ると、ふふっと笑って思い切り頭を預けます。

手の動きがやらしい音を出し続け、その姿は優しく搾り取る女悪魔でした。
再び頭を上げると、亀頭が顔に触れんばかりの亀頭責め。
「あうう、んんー、いい!」
「感じちゃうんですね~」

ケイさんはやがて僕の間に座りなおすと、そのままの体制で顔を近づけます。
髪が少しローションに触れてしまいますが、髪をふっと首を振って後ろへ流す。
それでも亀頭から一時も手を離しません。

爆発するほどではないですが、幸せな甘い亀頭への刺激。
タイマーがなる少し前になり、何度と無くいきそうになります。

「ああっ! いきそう!」
僕が声を上げると、手は亀頭をするだけに。
さらに、しだいに僕が行くのを察するようにタイミングよく寸止めし始めます。

「今日だけで、ずいぶんいろいろまたテクニックを覚えたね・・・」
「いろいろ試しちゃうから。。」
「いった後責められると、男は変な感じになるんだよ」
「へえ?」
「直後責めっていうんだ」
「試してみようかな」

何度とない寸止めに、ケイさんは「そろそろ?」といいます。
僕がうなづくと、右手で激しくサオまでしごきます。
左手は亀頭の前にかざされ、出てくるであろう液体の放出に備えます。

「ああ、いく!」
僕のサオはビクンとすると、白い液体を噴出します。
ケイさんは少し離れていましたが、吹き上がった精液が目の前に落ち、「んん」と声を上げます。

2週間、ためていました。
ケイさんもそれは知っていましたが、前回以上の大量の放出、しかもなかなか止まりません。
二回目なのに、それはケイさんの手をやらしく犯して汚しました。

両手がローションと白い液体でべとべと。
すると、そのまま亀頭を再び両手で包むと、ぐちゅぐちゅと音を立てて責めが再開です。

「ああ、ああー!」
直後責め。
それは、不思議な快感と苦痛を呼び起こします。

ケイさんは面白がるように責め続けます。
精液のローションがすべりをよくし、やらしい感触の刺激で攻め立てたのでした。

亀頭からケイさんがそっと手を離すと、そこはすっかり僕の液体が汚した淫らな手が見えました。
あどけない手を汚す、これが男の快楽のようです。

シャワーを浴びて服を着ると、二人で一服です。
「疲れちゃった」ケイさんはいいました。
「ありがと」

彼女がバイトへ向かう途中まで、電車で一緒に行きました。
お互いのペットの話をしたり、さっきまでの淫らな交わりがうそのように。

きっと、この亀頭責めをまた求めてしまうでしょう。
それにはお礼に、カフェを探しておきましょうか。

初めての亀頭責め

五反田では安定した亀頭責めが楽しむことができます。
もしかしたら、五反田に集中するのは、一店舗だけではない相互作用もあるのかもしれませんね。

今日はそうしたお店の話ではありません。
実は、亀頭責めに興味を持った女性と会ってきました。

待ち合わせは都内でしたが、彼女は少し遠くからやってくるとのことでした。
お互い顔もわからないのですが、一回りも違う男と会うのはきっと緊張することでしょう。

待ち合わせ場所で、その女性に声をかけると、身長はやや高めの、長い黒髪の女の子でした。
顔は素朴な感じのかわいらしい色白な感じです。
正直、この子が亀頭責めをする姿はなかなか考えられなかったのです。

早速ホテルへ向かうのですが、そこで22歳であること、女子大生で、就職の内定ももらった事などがわかりました。
たぶんぎりぎりカップル成立の感じだったと思いますが、どちらかというとおっとりした感じです。

ホテルは、何度か利用したことがある場所でした。
彼女はこの後用事もあるとのことで、90分の時間にしました。

彼女は「亀頭責めはしたことがない」とのことでした。
それなので、「僕の言ったようにしてもらえれば」となったのです。
ホテルに入って僕はシャワーを浴びると、彼女は上着だけ脱いでの普段着です。
コスチュームを着るわけではないので、不思議な感じです。

僕はベッドに横になると、先に買っておいたローションを渡しました。
嬢は僕の右横に座ると、そのローションの入れ物をあけます。
「どうしたらいいですか?」
そういいながらも、彼女は手にローションをたらします。

僕の上にやや体がかぶさるようにすると、髪の毛がたれてきます。
手のローションがついてしまうかと思いましたが、彼女はかまわず。
幹のほうからすうっと塗りこむようになで上げてきます。

「ああ」不意に声がでました。
肉厚もよい手のひらが吸い付いてきます。
幹を登って亀頭のあたりを裏筋から軽くすります。
「そう、ローションを塗りこむようにして…」僕は言います。

彼女は不思議そうな顔をして、僕の亀頭に手をかぶせました。
そそり立たせるようにして、指を伸ばしたまま手のひらを曲げて、すりすりします。
「あ、ああ!」
普段受けたことの無い刺激の仕方に、思わず声が出ます。

彼女は不思議そうな顔をしつつ、僕の反応よりも亀頭に集中しています。
手のひらをすりながらも今度は親指も使って亀頭を挟み込むと、速度を上げて刺激するのです。

『本当にはじめてなの?』思わずそう思いました。
手コキ自体は初めてではないかもしれません。
しかし、それにしても顔からは想像できないいやらしいすり方です。

やがて、亀頭を裏筋から指でつかみます。
そうして指の間から出入りさせるように亀頭をグリグリ、強めの刺激をします。
「ああ、いい! 気持ちいい」
「んふふ」彼女は笑います。
言葉は少なくですが、面白がっているようです。

彼女の指から出たり入ったりする、窮屈な甘い刺激を楽しみつつ、ローションに濡れた手を見て楽しみます。
彼女は、亀頭のつかみ方を変えると、手のひらで上から包み込んで8の字を書くようにこねくります。
「ううー、いいー」
確かに普段のお店とは違う刺激ですが、本当に始めてなのかと疑いたくなります。

今度はサオをそり立つ方向と反対に倒すようにすると、左手で根元を押さえて右手でつぶすように亀頭を犯します。
ぐりんと、亀頭が搾り取られて、声が止まりません。
「あっあっああー、んんーー」
ちらちらとこちらを伺う彼女は、「気持ちいいよ」と伝えると恥ずかしそうに笑って亀頭へ目を戻します。

「すごい、吸い付くよ」
「気持ちいいんですか?」
「うん、すごい気持ちいい手だよ」

普段ローションを使わない手は、もしかしたら手あれにも無縁で滑らかなのでしょう。
触れているだけで甘い刺激を伝える手。
それが甘酸っぱい刺激をもたらすのです。

「ほかにしてほしいことは?」彼女は聞きます。
僕は、ひとつ指示を出しました。
そうすると、彼女は両手で亀頭を挟むと、包み込んでピストンします。
亀頭が両手で作られた穴に吸い込まれると、クチャックチャと、卑猥な音がします。

「んああー、いやらしい音!」
彼女は笑って、さらに激しくします。
「騎乗位でされちゃってる!」

ピストンの動きは慣れのためか次第に早くなり、亀頭への圧力も強くなります。
思わず腰を突き出して、彼女の手の亀頭責め処女を突き破ります。
「いいよー、気持ちいいよー!」
「すごく熱くなってきている!」
彼女は手は止めず、両手で亀頭を撫で回します。

いいこいいこするようになでると、再びそそり立つ方向と逆に倒して亀頭擦り。
「今度はどうする?」
僕は快楽の波に飲まれていましたが、「胸に乗って隠して責めて」とオーダーします。

「ちょっと恥ずかしい」
そう言いながらも彼女は背面騎乗位の体制になります。
目の前は彼女のヒップが柔らかく胸をやさしく圧迫しますが、亀頭はまたまた倒されて刺激されているようです。

「ぐぐ、ぐううー」
彼女は微妙にヒップをずらしながら、亀頭をつかみ上げてグリグリします。
腰を僕が突き上げると彼女の体が揺れますが、亀頭は彼女の手に押し付けるように刺激を求めるのです。

やわらかいお尻の感覚と、その先で暴力的までに快感を与える手の動き。
思うだけで、腰が止まりません。

彼女はやがて僕の右横に戻ると、さっきより慣れた手で亀頭を刺激します。
一生懸命して、「少し疲れるね」というので、「緩急をつけるのも刺激なんだよ」と伝えます。
そうするとゆっくりじらす動きと、突然早い動きを混ぜ始めます。

「いっちゃう!」
僕がそう言うと、彼女は亀頭を手のひらで撫で回すだけの動きになり、寸止めです。
そんなテクニックを使うなんて。
優しい顔をして小悪魔なのです。

そこで僕はもうひとつ指示を出します。
玉をなで撫でたり引っ張ったりしながら、亀頭を触ってと伝えました。

彼女は素直に右手で玉を撫で、連動するように亀頭をつかんでこすります。
これは腰に突き抜けました。
荒々しくも激しい動きに、僕は腰を突き上げました。

「ああー、すごい最高! すっごくうまいよ」
「んふふ。いいんだ」

手加減なしの前から後ろからの刺激に、僕はとろけそうでした。
「亀頭が食べられちゃう。手マンコだ!」
彼女はやさしく笑い、それとは反して玉を撫で、亀頭をこすりあげました。

手加減無く、玉をもみ、亀頭がこすられる。
玉も亀頭も前後にゆすられ、もって行かれそうな快感です。
予想を超えた刺激に、身を任せたくなります。
「いい、ああーいい!!」

彼女はそれでも手加減はありません。
ひたむきに、それでいてやさしく手で亀頭を包みながら責め続けるのです。
素朴な顔に、似つかわしくない亀頭責め。
そのギャップだけで最高でした。

その後も亀頭を撫でられたり、玉と亀頭のダブル攻撃を受けたりとたっぷり責められました。
どのくらい責められ、寸止めされたでしょうか。
不意に湧き上がってきた射精間に、「いっちゃう、止まらない!」と僕は叫びます。
「いっちゃう?」と彼女はいうと、左手で根元を押さえて右手で亀頭から幹まで刺激します。

こみ上げてくるものは、亀頭から放出されました。
先っぽから彼女のピストンする手を覆うように白い液が流れ落ちます。
最後まで搾り取るように、彼女は根元から絞り上げますが、後から後から液は出てくるのでした。

白い液体に汚された手を見て、彼女はうれしそうに笑いました。
「すごい」
両手は僕の精液で犯され、亀頭責め処女の痕跡はすっかり消えていました。

白い液体が零れ落ち、ベッドのシーツへ染みを作ります。
ちょっと困ったような表情を浮かべる、やらしい液体で肉付きのいい手を汚した女子大生。
非現実的な絵に、僕はふうっと満足のため息を吐きました。

僕はシャワーを浴びに行って帰ってくると、彼女は身支度をしていました。
ベッドで一度横に座ると、「なんか恥ずかしい。。」と彼女は言っていました。
たぶん本音なのでしょうね。

「ローションって、洗ってもなかなか落ちないですね」彼女は笑って言いました。
「そうかもね」
このやり取りで、ローションをはじめて使ったのかなと思い、ひょっとしたら動画か何かで勉強した知識で試したのかもしれません。

そして、初めての責めだったのでしょう。
彼女もそういっていましたが、このローションのくだりで可能性が高いと思いました。

彼女は「ドSな感じではない」と言っていましたが、責め方はSそのものです。
その後メールをやり取りして、また会えればと確認しました。
あの手に吸い付かれるのは、病み付きになりそうです。

そして、亀頭責めの経験を伝えていけたらひょっとしてすごいテクニシャンになるかも。
その片鱗を感じた体験になりました。
プロフィール

柴田慎也

Author:柴田慎也
亀頭責め好きのブログです。
ほかに無い快感にはまっています。
問い合わせの方はヤフーメール推奨です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
リンク
お気に入り
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード