FC2ブログ

エンドレスタイム 新宿 リピート1-11 殿堂の亀頭責め 後編

「じゃあ仰向け~♪」
甘ったるい声で促されるのを聞くと、はあはあと呼吸しながら体を動かします。
「はあ、すごい・・・」
ふと漏らした言葉に、嬢は一瞬笑みを浮かべて僕の仰向けの開かれた脚の間に座ります。
両足を僕の足の上に載せて、仰向けでの足の拘束です。

枕を頭の下に引くと、嬢の責める体制がよく見える。
そそり立つサオに嬢の手が迫ってきて、捕食するように亀頭をからめとっていく。
その映像が見えた一瞬後には亀頭からくる刺激が、頭を満たしていくのです。

サオの根元を押さえて、嬢は亀頭を掌で飲み込みます。
一瞬ゆるんでいたサオが一気に血流を流し込み、その熱さを取り戻します。
ドクンと、その刺激が亀頭を走ると、嬢は掌で粘膜をぐりぐりと撫で上げます。

「はぐ、ぐああああーーーー!!」
嬢の手が、亀頭を飲み込んでぬるぬるとうごめいている。
手首を動かして四方八方への動きに、亀頭が耐えきれずに快感で崩壊します。
「あぐ、ぐあああーーーーいいーーーーー!!」

嬢は押さえつける根元をぎゅっとして、血管を浮き出させます。
ムキムキに怒張したサオは亀頭へ血を送り込む。
真っ赤に充血した粘膜が、嬢の手のひらでねじりあげられます。

「があああーーーちんぽいいーーーー!!!」
ねじる感触は激しい刺激で亀頭を襲います。
ぎゅちゅぎゅちゅと卑猥な音で亀頭を圧迫する。
思わず腰を突き上げてその嬢の手の蜜壺に深々と差し込んでしまうのです。

「あら、腰を突き上げちゃって♪」
「あがああああああ、いい、いいっ!!」
嬢はこれ見よがしに亀頭をピストンし、サオを飲み込んで見せます。
手の肉が亀頭を通してとろける感触を与えてくる。
柔らかい感触の摩擦が、亀頭を熱くたぎらせるのです。

「ぐぐ、ううううーーーーー!!!」
思わず足が動きそうになったので、嬢は太ももで僕の太ももを抑え込みます。
完全に抑え込まれますが、嬢の体がサオの目の前まで近づいてくる。
嬢の体を突き刺すようにそそり立ったサオ。
そのぎりぎりの距離を楽しむように、嬢はサオを自分の方へ倒します。

うっと一瞬サオを曲げられた苦痛がありますが、圧倒的な快感が覆いかぶさってきます。
嬢の手に足されたオイルがさらなるぬめりで、亀頭をねじりあげてくる。
暴力的な快感が亀頭から発せられて、腰を貫くのです。

「がああああああああああああああーーーーーー!!」
腰を動かそうとしても、亀頭を握られて嬢の手の蜜壺に突き刺さるだけです。
その突き刺す快楽が僕を虜にして、さらに腰を突き上げてしまう。
快感のループがひたすら続くのです。

思わず足を突っ張ると、嬢の足を無理やり広げる体制になります。
さらに嬢との距離が近づきますが、嬢は悠然と僕の反応を見て亀頭をピストンしてきます。
「ぐあああああーーー、亀頭が溶ける!!」
「こんなにカチカチだよ♪ ちんぽは大丈夫♪」

嬢は一度倒したサオを解放すると、両手でサオをねっとりとからめとります。
サオを両手で覆って、挿入したような快感を与える。
「ぐああ、手マンコで犯されるーーーー!!」
思わず腰を突き上げると、嬢もそれに同期するように手を動かします。

ぬっちゅぬっちゅぬっちゅぬっちゅ。
卑猥な音がたまらない。
「ああーーー手マンコーーー!!」
「うふ、まんこに入っていくよ♪ ほらあ」

嬢は両手の蜜壺ででサオを深々と包み込んでいく。
僕は枕に頭を埋め、腰をひたすら突き上げます。
そのたびにぐちゅっぐちゅっと音が響き渡るのです。
「いやらしい音! あああーーーマンコいいーーーー!!」

嬢はこれまでとは違った笑みで、サオを揉みしごきます。
サオに嬢の手の肉の圧が優しくかかり、ぬるっとした感覚に突っ込むようです。
「あぐう、うはああーーーーーー!!」

サオから圧が解放しますが、亀頭は嬢の手のひらが絡みついたままです。
根元を押さえつけてそそり立たせると、掌を亀頭にかぶせてぐりぐりと撫で上げる。
腰に突き抜ける、甘酸っぱい刺激が広がっていきます。

「があああああああ! ぐふぅーーーーー!!」
刺激に任せて腰を振りあげると、腿で僕の足を押さえつける嬢の体ごと浮き上がりそうです。
しかし嬢は押さえつけ続け、うごめくサオを的確に撫で上げてきます。
それゆえ、腰を動かすほどに嬢の手の撫で上げが刺激的になります。

狂ったように腰を動かしていると。
嬢は押さえつけるようにサオをそそり立つ方向と逆に倒します。
曲げられたサオの圧に「うっ」と一瞬動きが止まりますが、嬢の指先が亀頭をはじくようにしごきます。
そうして亀頭だけ手の蜜壺でピストンしてくるのです。

じゅっぽじゅっぽと、激しい出し入れ。
「がああああうううううううーーーー!!」
喘ぎ声だけで、腰が震えます。
いびつな体制で腰を突き出すと、亀頭が嬢の数十センチのところでしごかれている。

亀頭に触れる手が、ねじりあげるようにぐりぐりと動かされる。
息が止まるほどの強烈な快感で、体がビクンと動きます。
「があーーーー、あついーーーー! とけるーーーーー!」
「カチカチちんぽだから、ほらあ大丈夫♪」

嬢が再び曲げられたサオを解放し、そそり立たせます。
赤黒く充血した亀頭が、快感を求めてびくびくとしています。
嬢は乗り出すようにして亀頭を見下ろすと、サオを両手でしごきあげます。
再び両手の蜜壺でのピストンです。

ぎゅっちゅ、ぎゅっちゅ。
オイルが足されているせいで、卑猥な音が室内を満たしていきます。
「ぐうううううーー! いやらしい手マンコ!」
嬢はその声に反応してか、ゆーっくりと両手でしごきあげて魅せます。

亀頭から、根元へ圧迫が降りていく。
手の肉がひたひたと張り付いてきて、粘膜をぬちゅっとなめあげます。
「あああーーーー! マンコで犯されてるよぉーーーー!!」
「まんこキモチイイの♪」
「いいーーーー! 犯してーーーーー!」

肉の感触を感じるほどに、快感に飢えるように腰を振りあげる。
そのたびに手の蜜壺に突き上げてそのヌルヌルの感触が快感に変わるのです。
本能のままに突き上げていると、思わず湧き上がってくるものが。

「あ、いっちゃう!!」
嬢は蜜壺を解放すると、亀頭を軽く撫で上げます。
しかし敏感になっている亀頭が、それだけでつよい快感を湧き上がらせるのです。
「だめ、いく!」

嬢が根元を抑えて止めようとします。
何とか耐えると、イク寸前のサオが引くひくと脈打っています。
「まだ時間があるからいったらもったいない♪」

脈動するサオをそそり立たせる嬢。
オイルを足して薄暗い明かりに光る手が、そっと亀頭へ添えられます。
ゆっくりと、形を確かめるように亀頭を包み込む。
かすかにうごめく亀頭がその肉の感触に触れると、甘い快感を感じるのです。

嬢はゆっくりと、亀頭をねじりあげます。
サオを中から刺激するような甘酸っぱい感覚が、ぎゅっと腰までしみ込んできます。
「あぐ、ぐううううううーーーー!!」
弱い刺激のはずが、どぷっと亀頭をとろけさせるのです。

ぐりぐりと嬢が手首をまわし、亀頭を激しく撫で上げる。
「うっうっうっうっうぐううううううーーー!!」
快感が頭までピリピリとしびれさせ、思わず背中をそってのたうち回ります。
その分腰を突き出す形になり、嬢の手の撫で上げにぐりぐりと自ら擦り付けるのです。

嬢はこちらを見下ろしながら、その刺激をコントロールしてきます。
どすっと背中をつくと、決して離れない快楽生物のような嬢の手がサオを覆っています。
もっと近くで見たい。
その思いで快感に喘ぎながら、僕は手をついて上半身を起こします。

嬢と一緒に、もみくちゃにされているサオを眺める。
「ああーーいやらしい、くちゅくちゅされてる!」
「まんこでくちゅくちゅされてるよ♪」
嬢は両手でサオを包むと、じゅぷじゅぷと音を立てて魅せます。

あまったるいいやらしい音と、その包み込まれる感触。
疑似対面座位のような体制で嬢は笑顔を見せながら、今度は亀頭をねじりあげます。
「あぐ、熱い! とけちゃう!」
「大丈夫♪ カチカチ♪」

その体制を楽しむように、嬢はねじりあげるように亀頭をヌルヌルの手で絡みつかせます。
ぐりぐりと、刺激されるたびに粘膜が赤黒く快感で満たされる。
「あぐうううううーーーー!」
思わず耐えきれず背中をベッドに倒します。
そうすると激しく刺激したサオがびくびくっとうごめく。

「あぐぐ、いっちゃう!」
「ああーだめー♪」
嬢は根元を絞り上げて寸止めです。
「ぐぐ、うう!」
今にもイク寸前の快感を楽しみながら、すんでで止めます。

嬢はそれでも触りたいかのごとく、手をまた亀頭へ伸ばします。
じゅぷじゅぷと粘膜をさすると、もうそれだけでいきそうになる。
「ああ、いっちゃう!」
再び寸止めです。
「もうちょっと我慢しようか♪」

いきそうになると寸止めされる。
その後再び手の蜜壺で刺激される。
いきそうになると嬢は「まだまだ♪」とサキュバス的な笑顔でさらなる刺激を与えてくるのです。

快楽物質が体を満たしているのでしょう。
腰を突き上げてその刺激を求めるだけの僕は、もう感じる以外のことを考えていません。
嬢の責める手の動きと見つめる視線に流されながら。

ふと、背中をじっとり汗で満たしているのにようやく気付いたころ。
嬢は手でサオをそっと覆いました。
「そろそろ出しましょうか♪」
じゅぷっと、サオが両手の蜜壺に埋め込まれる。

じゅぷじゅぷとサオがねっとりした感触と快い手の肉の感触で満たされます。
動かされる嬢の手が、生き物のように精を吸い出すべくうごめきます。
「あぐ、あぐ、ぐううううーーーー!!」

亀頭を片手がしごきあげ、もう片方の手が隙間なくサオをしごく。
サオ全体を刺激する中で、亀頭が刺激されるので、その快楽曲線がじわじわ上っていく。
じゅぶじゅぶと、腰の底から上っていくものが、強くなっていくのです。

「うぐ、いく! 出る!」
嬢は笑顔で刺激を続けます。
亀頭がじゅぷじゅぷとピストンされ、その刺激が腰まで刺激される。

「ああ、ぐう!」
さらに嬢の手が激しく、吸い出すようにピストンしてくるのです。
「いく、いくぅ!」

嬢の手が亀頭へかぶされ、ぐりぐりと刺激すると。
ドクン、ドクン。
吹き上げる感覚が、サオを激しく脈動させます。

嬢は熱く燃え上がるように感じる亀頭をぐりぐりと刺激してきます。
「があ、ああーーー!!」
ドクン、ドクっ!
白い液体が嬢の手の隙間から流れ落ち、サオを伝っていきます。

嬢の手が、それでも止まらず亀頭を撫で上げる。
精液とまじりあったオイルの感触が爆発しそうな快感で亀頭に絡みつきます。

「っあああああーーーー!!!」
ドクン。
最後の一吹きまで感じて、嬢はようやく手を止めるのでした。

どろどろの白い液体を手からしたたらせる嬢は、それだけで十分艶めかしい。
吸い取られた大量の精に、僕はベッドへ突っ伏すのでした。


嬢はそのあと、ふき取って足のマッサージをしてくれました。
最後まで抜かりない心遣い。
今回は以前もあった不思議な体調不良の時ですが、それを解消してくれるのも、不思議なものです。

シャワーを浴びた後、一服しながら少し話をします。
なんというか、それだけで十分癒されるのですね。

しばらくは仕事で忙しくなりますが、そうした間にきっとまた会いたくなるでしょう。
だからこそ、私の中の殿堂入りなわけで。
いずれ、また。
楽しく会えるのを楽しみに。

エンドレスタイム 新宿 リピート1-11 殿堂の亀頭責め 前編

2016年末に新店の開拓がいまいちだった時。
再び過去にあった不調がぶり返しました。

兆候はあったのですが、敏感になりすぎてすぐにイってしまう症状。
原因が結局よくわからないので、この期間はあまり楽しめないわけです。
体調が悪いわけでもなく、どちらかというと精神的にバランスが悪いのかもですね。

そんなわけで、そういう時に前回復調させてくれた、このブログでも繰り返し書いている嬢を指名したくなりました。
新宿のエンドレスタイムで今年も幕開けということになりました。

急激に寒くなってきた1月。
お正月は混むと嬢には聞いていたので、事前に予約しての利用です。
新宿駅前は気持ち混んでいるぐらいでそれほどの人ではありません。
それでも、この街はいったいいつ休んでいるのかという活力が、好きなのですね。

いつもの待ち合わせ場所にきて連絡すると、店員さんが『すぐ向かいます』とのこと。
待つこと数分。
冬の装いの嬢が歩いてきます。

スレンダーなスタイルが印象的な黒髪の嬢。
お互い慣れているので、挨拶をしてすぐにいつものホテルです。
ホテルは正月料金でもなく、120分3500円とあいかわらずリーズナブルです。

「お正月はお出かけされたんですか♪」
「今年は初詣ぐらいですね~」
そんな話をしながら、部屋は嬢が選んでくれました。

今回もコースは100分14000円です。
嬢がシャワーを用意してくれるので、体を流してきます。
ガラス張りの向こうが少し明かりが落とされて、暗く怪しくなります。
体を流し終わると嬢が用意してくれたタオルで体を拭いて部屋へ戻ると、嬢はおなじみの黒い下着姿です。

「部屋寒くないですか♪」
「ちょっと暖かくしてもいいかも」
「シャワーから出てくると寒いかもね♪」

「じゃあベッドにうつぶせになってください♪」
促されてベッドに寝そべります。
ふと、横を見るとこの部屋はベッドの横に鏡があるタイプ。
責められるのが丸見えになるなと、期待感が高まります。

嬢はベッドの下の方から上がってきます。
僕の背中にタオルをかけて、背中や肩から、ぎゅっぎゅっともみほぐしていきます。
この最初のほぐすのもとても気持ちいのです。
マッサージだけお願いしてもいいかもなと、思うのです。

次第に腰からお尻をほぐしていき、足へ降りていきます。
足までしっかりほぐすと、かけられていたタオルがとられます。
そして嬢は、手にパウダーをつけてこする音が聞こえる。
その音が、快感の始まり。

嬢の指先が首筋から背中へそっと這わせられます。
さらっとした指先は軽い摩擦を残して動き回る。
皮膚のかすめる感触は、滑らかに甘い快感を与えます。

「あっ、ああ・・・」
嬢の指先は僕の反応に合わせて、背中から脇腹へ動きます。
ぞくっと、背筋を走る快感が体を震わせます。
びくびくと動くのに嬢は、「敏感なんだから♪」と嬉しそうな声で答えます。

10本の指先が背中を撫で降りて、お尻をうごめく。
肌一枚をかすめているのですが、くすぐったい感触はすべて快感に置き換わるのです。
「ああ、あうううううう・・・」

温かな嬢の指先が足まで到達すると、そっと戻ってくる動きになります。
そうして。
そっとうつぶせで開かれた脚の隙間に差し込まれ、太ももの付け根をそっと撫でる。

「あっ!」
ビクンと体がはねて感じます。
嬢の指先は玉をかすめて、より深く太ももの付け根に差し込まれます。
ゆっくりゆっくりとその部分を犯してきて、体中に快感がほとばしります。

「あく、うう!」
もっと感じたいという感情から、腰が少し浮きます。
「自分で腰をあげちゃって・・・♪」
嬢はそういうと、玉を両手で包み込むようにさすります。

「あっあっあっ・・・」
かすれるような声で喘ぎますが、体は止まりません。
ぴくぴくと腰をくねらせ、高ぶる気持ちが感じることへ焦らせるのです。
腰が膝立の体勢まで浮き上がってしまいます。

嬢は手をさらに差し入れてきます。
もう片方の手は、お尻の割れ目を撫で上げる。
異なった二つの快感が腰を溶かし、理性が吹き飛びます。
「あうぐ、いいーーーー!」

体は四つん這いの体勢になっています。
「自分で四つん這いになっちゃって♪ こんなに感じてる♪」

「触るだけで感じてるよ♪」
叫ぶような僕の喘ぎ声に、嬢の言葉も弾みます。
そうして、嬢は一度解放すると、体を僕の背中に密着させるようにします。
そうして、手を伸ばして乳首をとらえてくる。

くりくりと、指先で転がすような動き。
両方の先っぽが即座に快感神経と変わります。
「ううーーー、あはああーーーーー」
「乳首も感じるの♪」
「あつ、いい! いいっ!」

嬢は今度はつねるようにぐりっと乳首をなぞります。
「はぐっ!」
一瞬感じた弱い苦痛が感度を高め、快感で縛り上げるのです。
思わず体を起こすと、嬢に後ろから密着されていじめられる体制です。

「あぐ、乳首いいーー!」
「いいのぉ。感じてるね♪」
そういうと嬢は胸全体を掌で撫で上げます。
今度は甘い取りけるような感覚ですが、さらに大きな快感です。
「うあー! ぐうううううーーーー!」

「乳首だけでこんなに感じちゃう・・・」
嬢は僕の言葉に嬉しそうにさらに乳首をつねりあげます。
ぐりぐりと乾いた指先でつねりあげると、体がそのたびに跳ね上がるのです。

ふと下を見ると、サオはそそり立って、先から雫が染み出ています。
嬢の手が、乳首から放されてサオへ向かっていく。
四つん這いの体勢に戻ると、嬢は両手で玉とサオを撫で上げ始める。

乾いた指が、そろそろと玉を圧迫してくる。
揉みあげたのサオを上ってきて、嬢が雫をかすめ取るのです。
そのまま亀頭の粘膜を包み込んでいく。

「ふっ、んん・・・」
指先がサオの表面をさわさわとなぞっていく。
一瞬のくすぐったさが先に上っていくほどに心地よい快感となります。
そして亀頭をとらえると、軽く撫で上げる。

「はう、ふう・・・」
腰はまたびくっと跳ね上がる。
「腰が動いちゃって♪ 変態だからね♪」
嬢の手は、差し込まれたまま再び玉を撫で上げます。

揉みあげるように玉をしごく嬢の手。
その心地よさでサオがびくびくと震えます。
毎回触られていくごとに敏感になるので、その快感はそれだけで腰をとろかすのです。

「うく、はう!」
亀頭をからめとる嬢の手のひらに、思わず鋭い声が出ます。
その感度を確かめた嬢の手は一度刺しぬかれます。
そして、オイルを手にくちゅくちゅとなじませる音がする。

ごくっと、思わず唾を飲み込みます。
四つん這いの体勢で急所を見据える嬢の視線を感じながら、その時を待つ。
サオからは雫がしたたり、その感触を待ちます。

ぬるっとした下半身に広がる感触。
オイルたっぷりの濡れた嬢の指先が、サオを舐めあげてきます。
「あぐうーーーーー!」
その感触は敏感にサオに伝わり、きゅっと腰に力が入ります。

嬢の片手が玉ごとサオの根元を押さえつける。
血管が浮き出るサオをもう一方の手が絡みつき、這いあがってきます。
「がうっ! あっ!」
亀頭を触れる感触が強烈な刺激でびりびりします。
甘酸っぱい感触が腰を貫くのです。

でも、感じる感度が強すぎる。
嬢の手が絡みついてしごいてくると、じりじりと感じすぎの快感が襲います。
「あぐぐうううううう!!」
嬢の手はまだその感度に気づきませんが、亀頭の粘膜をぐりぐりとこすりあげてきます。

あ、だめ。
「いっちゃう!」
思わず嬢が驚いたように手を止めます。
「まだ触ったばかりだよ・・・♪」

そおっとサオを撫でて、そのまま触るか触らないかの感触で嬢が亀頭を撫でます。
最近この程度の感触でいってしまう。
普通の嬢ならあきらめるのですが、この嬢なら・・・。

僕はぐっと腰に力を入れて耐えます。
先ほどよりは敏感さを失って亀頭の快感を確かめる感じに。
しかし、やはりもう一度上がってくるものが。

「あ、ううーーーー!」
嬢はその様子を見て再び手の動かし方を変えます。
玉を撫でて落ち着かせると、さらにゆーっくりとした動きへ。
さすがにここまでペースが落ちると亀頭の快感ではいかない。

その嬢の動きに応えるように、少しずつあの感覚が戻ってくるのです。
亀頭を嬢がさわさわと掌で撫でる。
亀頭を覆った手がいやらしく軟体動物の動きでうごめいていると、自然とお腹に響く快感が。

「あぐ、ぐああああああーーーーー!」
嬢は一度手を止めますが、その反応にさらに刺激を強くします。
亀頭をつかんでねじりあげるようにしてくるのです。
「ぐう、ぐあううううううういいいいいいいいーーーーー!」

嬢は四つん這いの足の間のサオをそそり立たせて、亀頭をねじりあげます。
ぐりいっと、ヌルヌルの手が絡みついてじゅぷじゅぷと音を立てます。
「あぐううういやらしいーーーーー!!」
「ふふ、変態ね♪」
「ちんぽいい、いい!」
「変態ちんぽ、いっぱい感じちゃってる~♪」

嬢の手が、遠慮ない責めを始めます。
四つん這いの状態からサオをそそり立たせたまま、亀頭の粘膜をぬるぬると刺激します。
「あぐうううううううう!!」
腰が突き上げられる刺激に、僕は腰を震わせます。

今度はピストンのように嬢の掌が亀頭を包んでしごきあげる。
甘酸っぱい刺激が、腰をとろかせる。
「ぐああ、があああああーーーー!!」
じゅぷぷと嬢の手が音を立て、舐めあげるように刺激するのです。

「はあ、あんあん!」
快感に喘ぎ声をあげる僕。
もはやそ先ほどまでの行き過ぎた快感ではなく、亀頭責めの快感そのもの。
理性を崩れさせる甘酸っぱさです。

「はぐ、ぐあ、ううぐううううううーーー!」
「ふふ、変態ちんぽ♪」
嬢はその様子を見て、サオをうしろへ引き出します。

横を見ると、嬢が引き出したサオの先の亀頭を掌で飲み込む瞬間。
思わず再びごくっと唾を飲み込む。
その頭に響くわずかな先に快感に、頭が真っ白になるのです。

引き出されたサオをの先を、嬢がねじりあげる。
引き出された瞬間にかすかに感じたサオが圧迫される苦痛は、引き出された快感神経への刺激に飲み込まれます。
じゅぷじゅぷぷと、亀頭をピストンする嬢の掌。
「があああーーーぐうううううぅぅぅううううううーー!!」

思わず快感から逃げようと前に体を倒そうとします。
しかし、嬢がサオを引いて亀頭をねじりあげると、快感が体を硬直させます。
快感から逃げられない、甘い拘束。
その非現実の状況が、感じることだけに僕を堕としていくのです。

「がうううう、ちんぽいいーーー、ちんぽーーーー!!」
「ふふ、ちんぽあつあつね♪」
「熱い、溶けちゃうーーーー!」
「こんなにカチカチだから大丈夫よ♪」

ずりずりと亀頭をねじりあげる嬢の手のひら。
ヌルヌルの感触で絡みつくその感触に犯され、爆発しそうです。
「いいーーー! 手マンコが絡みついてくるーーー!!」

嬢は一度解放して、自分の腰を僕のお尻に付けてきます。
そうして腰から手をまわして、サオへ伸ばしてくる。
亀頭をうしろからまさぐる疑似逆後背位の体制です。

嬢の手のひらが、亀頭にかぶさるようになります。
自分で責めるときに疑似自慰状況ですが、与えられる快感は自分の意志とは無関係です。
その柔らかい嬢の手の肉の感触が、亀頭をぬめっと包んでいく。

ぐりぐりと、亀頭を掌でねじりあげてくる。
責める方向が変わっただけで、先ほどとは異質の圧迫されるような責めです。
「あぐ、ぐあああーーーー」
思わず腰を突き出しますが、嬢の体が受け止めて自由に動くことができません。

制限された中で、快感に耐えるのは被虐的な気持ちよさです。
うしろからうごめく軟体動物のような指先が絡みつき、ひたすら亀頭を撫で上げるのです。
片方の手はサオをぎゅっと根元で押さえつけ、サオの快感神経をむき出しにされる。
そのむき出しを触られるのだから、腰が止められません。

「あぐうううーーー、ふああああーーーがーーーー!」
嬢は亀頭をピストンして、さらに刺激を変化させて与えてきます。
「あぐ、ぐあうううううう、ちんぽーーーー!!」
「変態ちんぽ♪」
嬢は甘ったるく、卑猥にささやきます。

その言葉に僕は激しく「ちんぽいいーーー!!」と叫びます。
淫乱な空間に、嬢はさらに乳首を片手でまさぐり始めます。
しかしその間も亀頭を責める手は止まりません。
張り付いた嬢の手のひらが亀頭へむしゃぶりつき続けるのです。

「はぐ、はが、があああああーーーーううううううーーー」
思わず頭を突っ伏してその快感に耐えようとしますが、体が震えてしまいます。
嬢はのしかかるようにして亀頭と乳首を責め続ける。
亀頭責めで、まさに犯されている。

「ぐあああーーーー、乳首もいいーーーー!!」
嬢は乳首をつねりあげるように刺激してきます。
「ほらあ、乳首もこりっこりに感じて♪」
「あぐう、うううううーーーー」

嬢の手が胸を這いまわり、亀頭をピストンする。
その刺激が永遠強い快感でとどまり続けるのだから、涙が出るほどです。
そして嬢は再び体を離すと、サオを引き出してくる。
しっぽ状態のサオの先を、嬢のぬめっとした手の肉で包んでくる。

包まれた瞬間、挿入されたような幸福感で下半身が満たされます。
ぬぷぬぷと、嬢は手の蜜壺で亀頭をねじりあげてくる。
その感触が、首の後ろのあたりまで快感でちりちりと焼け付かせる。

「いいーーー手マンコでいっぱい犯してぇ! ああーーー!」
嬢はその言葉にさらに亀頭をぐりぐりとねじりあげるのです。
そうなったと思った瞬間に、今度は指先でなぞりあげ、さらにはピストンで責め立てる。

腰をばたつかせますが、サオをつかまれて快感でそのたびに拘束される。
嬢は、その手を激しくピストンさせて僕を快感の淵へと落としていきます。
「ふふ、いっぱい犯してあげる♪」
快感に耐えてシーツをつかみあげる僕は、ひくひくとけいれんするように快感に流されるのです。

(続く)

エンドレスタイム 新宿 リピート1-10 殿堂の亀頭責め

新宿は通いやすいこともあって通い始めたのがエンドレスタイムです。
値段設定も安心で、かつ嬢の個性も楽しめるのが特徴。
そこで出会ったのが、個人的に亀頭責めの殿堂ともいえる嬢でした。

その嬢に初めて会ったのが二年前。
当時は五反田以外での新規開拓を狙っていた時で、エンドレスタイムは最初頭にありませんでした。
情報もない中、ほぼ直感的に指名した専門店ではないこのお店の嬢。
その責めは衝撃的でした。

ホスピタリティたっぷりでの用意をしてくれて、その先に亀頭がおかしくなるほどの優しくもきつい責め。
亀頭責めの責めそのままに腰が抜けるほど搾り取られたその衝撃を、ブログに書きました。

当時はエンドレスタイムの記事を書くかの有名ブロガーがペースを落とし、情報に飢えた方が多かったのもあったでしょう。
自分のブログで記録的なコメントをいただき、他の嬢も「彼女が№1」と認めるぐらいに多くの方が利用したようです。
常連だった方には申し訳ないことをしたかもしれません。

しかし、書いていない分を含めても2桁の回数責めていただいたこの嬢。
今回で彼女は私の中で亀頭責めの殿堂として、記事を書かせてもらおうと思います。


この二年で何度目かわからない待ち合わせです。
エンドレスタイムは亀頭責めだけを求めて数十回、待ち合わせ場所もおなじみの場所になりました。

時間になって電話をすると、「すぐ向かいます」と店員さんが答えてくれました。
それから数分後、嬢が走ってやってきます。
おなじみスレンダーな体系で、やや素朴なルックスの嬢は、すっかり冬間近の装いです。

その日は会社帰りでスーツを着ていました。
「珍しいですね♪ この時間は」
「うん、午前中仕事だったので、終わってきました」
「本当にちゃんと働いていたんですね♪」
そんな冗談を話しながらいつものホテルへ向かいます。

ホテルは120分で3500円と相変わらずの安さです。
今日のコースはこれもいつもの100分14000円です。
お互い慣れているので、部屋へ入ると嬢は電話をかけたので、支払いをするとシャワーを用意してくれます。
雑談をしながら服を脱ぐと、シャワールームへ。

軽く流すと、嬢がタオルを持って迎えてくれます。
黒い下着姿で、白い肌に対比してよく目立つ色です。
体をふきながら降りると、嬢は今かと待っています。

「じゃあ最初はうつぶせ~♪」
促されて僕は裸のままベッドへうつぶせになります。
体全体にタオルがかけられ、嬢は僕の背面に位置して背中からほぐしていきます。

ぎゅっと押されると、ぽきっと体の固まったところがほぐれていきます。
マッサージも抜かりがなく、少しずつ場所を変えてほぐされるのです。
「お仕事忙しいですか?」
「今のところは忙しいですね。でもひと段落で」
「よかったです」
「忙しいけれど、人が良ければなんとか」
「ですよね~♪ やっぱり人間関係が良くないとですね」

体をほぐされると、タオルが外されます。
そうして嬢は手にパウダーを取って軽くなじませます。
その手が、背中に伸びてきてすっとパウダーをなじませる。

と、指先が踊るように背中をかすめていきます。
指先のかすかな接触がつーっと通り、ぞくっとする快感を与え始めるのです。
「あ、ふう・・・」
「ふふ、もう敏感ね♪」
嬢はその指先を背中から脇腹へそらしていきます。

思わずくすぐったい快感に脇をぎゅっと絞めます。
嬢はその横を構わずぞわぞわとなぞっていく。
「んふ、んーーー」
「体のどこを触っても感じるんだから♪」
「だんだんいろんなところが感じちゃう・・・」

指先がさらにぞわぞわと動いて、お尻のあたりをなぞっていきます。
産毛を撫でるような優しいタッチ。
その感触がたまらなく悪魔的に敏感さを高めるのです。

ゆーっくり、撫でる動き。
いやらしい指先が、感じるところを求めてうごめいているのです。
10本の指がお尻を撫でながら、次第に危険な場所に近づいてくる。

嬢はパウダーを追加して手に付けると、今度は両手を足の間に差し込んできます。
足の付け根へのタッチは甘く、腰に響きます。
「んん、んー」
そうしていよいよ玉を撫でるのです。

体が思わずビクンと動きます。
そのまま快感を求めるように、腰が浮き上がってしまいます。
「体がぴくぴくしてますよ♪」
嬢はその手をさらに差し入れてきます。
玉を撫でられ、耐えきれずに僕は四つん這いの体勢になります。

「あらあ、自分で四つん這いになっちゃって♪」
嬢は焦らすようにお尻の割れ目を撫でながら、玉を指先で転がします。
「ん、あああーー」
喘ぐ声が大きくなってしまいますが、止めるという気持ちはおきません。
感じているのを伝えたいと、卑猥な考えが頭へ浮かび上がります。

嬢は玉を両手で撫で上げますが、肝心のサオはなかなか触りません。
すでに大きくなったサオはぴくぴくと脈動し、先には雫が湧き上がっています。
「まだ触ってないのに、濡れてるの♪」
そういうとようやく嬢はサオをなぞり始めます。

ぞわぞわっとサオからの快感が腰を伝います。
乾いた指での刺激に、ビクビク腰が動いていますが、心ではもっともっとと叫んでいます。
「もうこんなにおちんちんさせちゃって♪」
嬢はその刺激を一度止めると、自分の体を僕のお尻に密着させます。

そうして僕に体温を伝えると、手をそっと伸ばしてきます。
嬢の両手がとらえたのは、僕の乳首でした。
そこを指先でくりくりと撫でてくるのです。

「あ、ああああんんーーーー」
ゆっくり焦らされたためか、乳首への責めに反応してしまいます。
嬢のかぶさってくる体にお尻を何度となくぶつけてしまうのです。
「乳首の刺激で、こんなに感じてるの♪」

嬢は僕の背中に体重を預けて、そのまま乳首を責め続けます。
ぐりっとつねるような動きで両方とも、責め立てるのです。
「あふ、あんあん!」
女性のような反応で体を揺さぶります。

その責めを楽しむように、じりじりと乳首をつねり続ける嬢。
はあぁと、ため息つくような甘い責めです。
まだ肝心な場所は触れられていませんが、今日の責めは異様に感度を強くする。

嬢は乳首を両手で楽しんだ後、胸全体をくすぐるように撫でます。
うしろからの胸への愛撫に、僕は腰を再び動かします。
「はうう、はあんあん・・・」
「ふふ、乳首でこんなに感じちゃってる♪」

ビンビンになったサオと乳首。
はあはあと解放されてため息をついていると、嬢が言います。
「じゃあ、仰向けになりましょう♪」

仰向けになると、嬢は僕の横に座ります。
いつもならすぐに足の間に座るのですが、ローションを軽く手に取ると、僕の乳首を両手でつまみます。
「あはあ、ああああんん」
乳首への責めが続くとは思っておらず、思わぬサプライズに戸惑いますが、体だけは正直に反応します。
すでに敏感にさせられていた乳首をヌルヌルにした指でつねられ、喘ぎ声をあげてしまいます。

つねられてびりっとした痛み一歩手前の絶妙な快楽。
抑えられているのは胸だけなのに、ベッドにはりつけにされたように動けません。
嬢は僕を見つめながら、両手はいっこうに乳首を離そうとしません。
「あふうう、あんああーー」
その責めに怪しく微笑む嬢は、指先ではじくように責めてきます。

「あんーーーふあ」
「敏感乳首♪ どんどん敏感になっちゃいますよ♪」
嬢がそうしてさらにつねるようにしてぐりぐりと責め立てる。
サオは怪しく先っぽから汁を垂らしています。

嬢はさんざん乳首を責めて満足したのか、今度は足の間に座りなおします。
「じゃあいよいよ責めていきますね♪」
そうして手にローションを取ると、両手になじませます。
その動きだけでエロティックに魅せ、その手が迫ってきます。

にゅるっと一度目は玉を撫で上げるように濡らしてきます。
「うくっ」と反応しますが、嬢は再び手にローションを垂らしてなじませます。
そうしてその両手が一度サオを撫でると、片方の手で根元を抑えます。
そして、掌が亀頭を包むようにしてくる。

「ああ、あああああああーーーーー!」
ぐりっと亀頭を撫でられた瞬間に甘酸っぱい快感がほとばしります。
体中をまさぐられて血流が強いのか、亀頭がいつも以上にいきりたっているのです。

「いいー、あああがああーーー!」
「こんなに熱くさせちゃって♪」
ぐりぐりと手を回すようにして亀頭を撫でまわす嬢。
ローションの膜を挟んで、手の肉の圧が柔らかに亀頭を撫で上げるのです。

いつにも増しての強烈な快感。
腰が焼けそうに熱くなります。
「熱い、熱い!」
「あつあつになっているよ。あつあつチンポ♪」
嬢はそういいながら、指でぐりぐりとしごきあげます。

「はぐうううううう!!!」
腰がビクンとつきあがります。
「ああ、腰が跳ね上がっちゃってる♪」
嬢はさらに亀頭をこね回します。
なぜか今日は嬢の手が吸い付いてくるようで、その快感が半端ありません。

嬢の腕を軽くつかみますが、嬢は勢いを落としません。
気にせず、そのまま責めが続けられます。

サオを見ると、完全に怒張したサオの先が嬢の手でおおわれています。
根元をがっちり嬢の手が押さえつけ、亀頭の責めから逃れられません。
その嬢の手がぐりぐりと亀頭を擦りあげてくる。
「あぐ、あぐううううう・・・」
拷問のような亀頭を覆う強烈な刺激。
声にならない喘ぎ声だけが快感であることを示しています。

「がああああうううううう、うふううううううーーーー!」
腰を突き上げると、嬢の体を揺らしてしまいます。
嬢は座りなおして僕の足をロックするように太ももに密着します。
「すっごい熱い♪」
「今日はなんだかすっごい感じてる・・・」
「熱いね、あつあつチンポ♪」

嬢はそういうとサオを自分の方へ捻じ曲げ、そそり立つ方向と逆へのかすかな苦しみの体制にします。
そうして亀頭をつかむと、ねじりあげるようにぐりぐりと手でしごきあげる。
さらに強い刺激が亀頭から腰を貫きます。

「あああああああああああーーーーーー!!!」
腰がゆがむような甘酸っぱい快感。
サオが捻じ曲げられているので、腰を動かすこともできずに快感にもだえるのです。
胸をぐっとあげて耐えようとしますが、嬢は構わず亀頭をこすりあげます。

「いい、ちんぽいいーーー! ちんぽーー!」
「変態チンポ♪」
嬢は再びサオをそそり立たせると、これでもかと激しくムリムリと音を立てて粘膜をこすります。
手の動きはいやらしく亀頭をこすりあげます。
力はそんなにかかっていないのですが、ローションの膜で激しく亀頭を濡らしながらこすります。

快感に腰を振りあげれば、さらに強い快感が亀頭へかかる。
その快感の循環で頭が真っ白になります。
刺激に身を任せていると、思わず湧き上がってくるものが。
「いっちゃう!!」

あまりの快感に涙がうっすら浮かびます。
はあはあと荒い呼吸で快感に耐え続けますが、それほどの快感を体が駆け巡っていることを実感して幸せな気分です。
嬢はいつにも増しての激しく止まらない亀頭責めを続けます。
こすりあげるごとに掌が亀頭に張り付いてきて、刺激を高める一方です。

甘酸っぱい感覚の快感が、感覚をなくすほどです。
「あぐ、ふぐ、ぐううううううーーーちんぽーーーーー!!」
「変態チンポでこんなに感じちゃって♪ 腰がとまらない♪」

嬢は根元を抑えて寸止めです。
「まだ時間がたっぷりあるし、もったいない♪」
そういうと亀頭をずりずりと手で撫で上げます。
「あぐふうーーーー」
亀頭の刺激で射精感を抑え込んでくるのです。

寸止めのための亀頭責めは、体をよじるほどの気持ちよさです。
「あぐ、あっあっ!」
嬢は喘ぐ僕を見て、面白そうにさらにサオをぐりぐりと刺激します。
そのままサオを自分の方へ捻じ曲げて、そのまま亀頭をドアノブのようにぐりぐり回します。

爆発するような快感が続いてくるので、背中は汗でびっしょりです。
「ぐううががががああああああーーーーー!!」
言葉にならない声だけが出てくるのです。
嬢はサオを自分の方に向けたまま、さらに密着して顔を近づけてにゅりにゅりと亀頭を粘っこく責めます。

サオをそそり立つ方へ解放し、根元を絞ると指先ではじきあげるようにこすりあげます。
一本一本の指が粘膜をなぞりとっていく。
「あぐー熱い!!!」
「アツアツね♪」
「溶けるーー! 亀頭が溶けるーー!」
「こんなにカチカチだから、大丈夫♪」

嬢はそのまま、片手を乳首へ伸ばします。
乳首と亀頭を両方嬲る動き。
体の上も下も、快感で押さえつけられます。
「はぐう、うふーーーー!」
「乳首もぴんぴん♪」

乳首をつねる動きに腰を跳ね上げると、嬢の手に亀頭が押しあてられます。
その亀頭を嬢は掌でねじりあげる。
体が収まると乳首をヌルヌルといじくるのです。

「あぐあーおおおーーーー!!」
乳首は解放されましたが、亀頭からは嬢の手が吸い付いてきます。
ローションの膜が亀頭を怪しく光らせますが、その赤黒い亀頭がぐしぐしとしごかれます。
嬢はその様子を楽しそうに見ながら、手の動きを巧みに変えてきます。

嬢の手が、亀頭を掌で撫で上げたとき。
「いっちゃう、いっちゃうぐーーー!」
嬢は手を止めます。
腰の底ではどくどくと湧き上がらんとする液体がくすぶります。
嬢はそれを感じて一生懸命根元を押さえつける。

トクンと一度亀頭が脈動しますが、幸い寸止めでした。
「すごい・・・。おかしくなるぐらいいつもより感じてる・・・」
「今日はすごい敏感♪ でもまだ時間ありますよ♪」

「じゃあ四つん這い♪」
嬢は何度とない寸止めの末に、そう促します。
すでに汗がびっしょりで亀頭は限界まで極大しています。
何とか四つん這いの体勢になると、嬢はすちゃっと僕のお尻を見る位置に移動します。

期待感で後ろをふと覗くと。
嬢は両手にローションをなじませて、手を寄せてきていました。
その両手は、サオを引き出してぐりっとしっぽのように引き出します。
片手が根元を抑えると、亀頭を包み込む手がぐりぐりと動かされるのです。

すでに快感でいじり倒されていた亀頭は、すぐに快感を生み出します。
甘酸っぱい腰に響く刺激が、お腹に響き渡ると、がくっと腰が動きます。
「あぐがああああああーーーー」
むちゅっむちゅっと、亀頭を撫で上げるローションの膜が響きわたります。

「ふふー♪ 腰がはねちゃってる♪」
亀頭が圧迫されるような感覚で、嬢の手の肉が押し付けられるのが感じられる。
ヌルヌルの感触が疑似挿入感のようにサオを震わすのです。
ありえない体勢での感覚に、腰を突き上げてしまいます。

嬢はサオを引き出したまま、ドアノブを回すように亀頭を包み込んで手をまわします。
手の肉の蜜壺がぐりぐりと動き、止まらない快感です。
「はっは! うぐうぐうぐぐぐぐぐぐぐーーーー!!」

嬢がサオを解放し、お腹の前に亀頭が戻ってきます。
下から覗きこむと、嬢の手が両足の間から差し込まれ、つかみかかってきます。
とらえられた亀頭は、ヌルヌルの指がうごめいてはじかれるようにこすられます。

触手のような嬢の指先が、亀頭を舐めまわします。
「ぐぐううううーキモチイイーーーー!」
嬢はさらに刺激を送り込むべく、手を激しく動かしてくる。
亀頭からサオへ、ピストンするようにじゅぶじゅぶと動きます。

「あぐぐ、ちんぽいいー、いい!!」
「変態チンポ♪」
そういうと嬢はぐっと自分の体を僕のお尻に密着させます。
胸が張り付き、甘ったるい感触です。

嬢の片手は今度は腰の横から差し入れられる。
疑似後背位で差し込まれた手が、角度を変えて亀頭をとらえてきます。
うしろから握られるより滑らかですが、よりピッタリ張り付いてきます。
そのまま、亀頭の粘膜を撫で上げてくる。

「ぐううううぐぐぐぐぐぐっぐうううううーーー!!」
甘ったるい亀頭の快感。
変化の付いた刺激が、亀頭をとろかせます。
腰をよじると、嬢の体にお尻がこすりつけられます。

嬢はその動きに合わせるように体をよじらせ、お尻を逆に刺激してくる。
頭の中に亀頭の甘ったるい刺激と、柔らかい嬢の体の刺激がまじりあってくる。
嬢はその心を見透かすように、体を僕の背中に預けてきます。

「はふ、ふう、気持ちいいよーーー! いつもよりすっごくいい!!」
「敏感になって、感じちゃってる♪ 変態♪」
「ああーーーーー! いい! 亀頭いい!!」
「変態チンポで感じちゃうの♪」

嬢の手が亀頭をピストンしてしごきあげます。
体が快感で跳ね上がるたびに嬢の体を揺さぶる。
絡みつく嬢の手と体に支配されている背徳感が、脳を感じることだけで焼き切ります。
感じたい、感じてる、気持ちいい。。。
「いい、すっごい幸せ!!」

嬢はその体制をとくと、今度はサオを再び引き出します。
そうしてしっぽのようにしたサオの先を刺激し、亀頭を甘酸っぱい刺激をよみがえらせます。
むりむりと引き出された亀頭が、赤黒く充血して刺激に溺れています。

刺激がじゅぷっと亀頭へもたらされる。
その刺激は何度味わっても、脳がとろけるほどの甘ずっぱさ。
もはや嬢の与える刺激から逃れたくなくなる。

快楽のとりこになった僕は、喘ぎ声をやたらめったら吐き出します。
「ぐ、ふう、ううううううぐぐぐぐ、あああがあああああーーーーー!!」
「まだいっちゃだめ♪」
「だめ! だめ!」
「ダメーー♪ まだまだ感じなきゃ♪」

寸止めではあはあと息を切らす僕。
四つん這いの姿で快感で震えていたためか、足ががくがくです。
その僕に追い打ちをかけるように、嬢は再びかぶさるようにくっついてきます。
お尻から背中へ張り付くと、嬢の手が腰から差し込まれる。

「あっ」
期待の快感の訪れに僕は思わず声を出します。
嬢のぬめりけたっぷりの手が亀頭を包んでこすりあげたとき、その声は喘ぎ声に代わります。
「あぐーーーーーぐふうーーーー!!」

「くは、はあああーーーー!!」
嬢がくっついている状態で、そのまま腰を振りあげます。
快感に喘ぐ振動が嬢へ伝わり、再び亀頭へ刺激をもたらされる。
刺激の循環が、さらに腰を震わせてしまうのです。

「はぐううううーーーー!! うふーーーー!!」
嬢はねばっこい掌で亀頭をさらに犯してきます。
摩擦の音がしそうな刺激。
じゅぷっとローションの蜜壺が亀頭を包むごとに、刺激に貫かれるのです。

どのぐらいの時間がたったかわかりません。
焼け付くような快感に亀頭が熱を放っているのが自分でもわかります。
快感に狂わせられるというのはこういうことか、と。

顔をベッドに突っ伏して快感に耐えます。
しかし嬢が亀頭をねじりまわすように刺激してきて、再び体を起こされます。
片手は乳首をつねりあげる。

「はあーーーーう、いいいいいいいーーー!!」
体を思わず起こし気味になると、疑似逆背面座位のような体制です。
うしろから責めているのが嬢というだけ。
その嗜虐的なシチュエーションに、興奮ではあ、はあと過呼吸のような呼吸で感じるのです。

「乳首も亀頭もこんなに感じて♪」
「あぐあーーーちんぽーーーー!」
ガクッとベッドへ倒れこむようにベッドへまた四つん這いですが、嬢は亀頭を放しません。
刺激に溺れたいのが逃れたいのか。
一瞬混乱する頭を嬢の責めが我に返し、溺れさせるのです。

「じゃあまた仰向け~♪」
嬢は笑みを浮かべた甘ったるい声で促します。
僕はベッドへ仰向けに倒れると、嬢は再び足の間に座ります。
今度はすぐに足をロックするように交差してくる。
責め倒してくるのか。
それは快感の地獄への入り口。

嬢はローションを足した手でサオの根元を絞ると、亀頭をぐりいっと刺激です。
「あぐ!!!!」
貫いた快感は一気にその刺激をサオ全体に浮かび上がらせます。
血管が浮き上がったサオが、ドクドクと刺激に反応している。

嬢はぐりぐりとさらに快感を送り込んでくる。
粘膜への刺激は、密着する嬢の手の刺激に耐えきれません。
「いく、いくう!」
「ああ、ダメ~~!」

嬢の手が、ぐぐっと根元を絞ります。
目を半つむりでいっちゃったかな? というように覗きます。
嬢のその反応に僕もぎゅっと耐えます。
射精の波が遠のいていくのを、必死の嬢が抑え込んでくれます。

「ふう、大丈夫・・・」
「敏感に感じちゃってるね♪」
嬢はそういうや、亀頭をじゅぷじゅぷとピストンするのです。
寸止めしたばかりの敏感な亀頭には強烈な刺激。
「ふぐ、うううぐぐぐううううーーー!」

刺激にサオが熱く溶けそうな快感。
「あぐう、溶けるううううううぅぅぅぅぅ・・・」
「こんなに固いよ♪ 溶けないから♪」
サオを倒して上から圧迫するような刺激。
刺激がずんと腰に響きます。

「ぐぐうううううううううう・・・・」
刺激が強い。苦しい。
何度も何度も亀頭の刺激と寸止めにさらされ、そして今日はいつもにましての嬢の手が亀頭になじむ。
その刺激は限界です。

「いく、いっちゃう!」
「まだ♪」
そのやり取りをわからないほど何度も繰り返す。
快感で満たされたサオが、びりびりと刺激で震えていきます。

何度目の寸止めでしょうか。
嬢はその刺激を亀頭からサオへかけて与えてきます。
じゅぷじゅぷじゅぷと、溺れる亀頭。
その刺激がふっと、サオの根元に火をつけます。

「はぐ、いっちゃう!」
嬢は手をすぐには止めません。
ぎりぎりの寸止めでの快感を与えてきます。
「あぐぐぐぐ、だめ、だめ!」

ようやく止めた嬢の手。
しかし、サオがどくどくと脈動して、湧き上がるものを抑えきれません。
「だめ、だめ!」
「まだ♪」

嬢の声さえもが甘ったるく亀頭に響いてしまう。
ドクドクと脈動が止められなくなり、サオの底から湧き上がってくる。
ドクドクドクドク。

ドクン。
白い液体を吹き上げました。

嬢はそれを見てサオをしごきあげます。
「ああ~♪」
ドクドク。
白い液体がどぼどぼと零れ落ちて嬢の手が汚されます。

ドクドク。
液体が零れ落ちきりますが、嬢の手が亀頭を撫で続けます。
「ぐぐぐ、ぐうううううう」
ドクドク。
サオは空うちのように脈動しますが、何も出てきません。
一瞬もう一度絶頂したような感覚のあとは、きつい、強烈な快感の苦痛がもたらされます。

直後責め。
その文字が浮かび上がりますが、刺激の波に負けて頭が真っ白になります。

きつい、気持ちいい、いい、きつい、苦しい、気持ちいい・・・
ぐるぐると苦痛と快感が入り混じる。
「あ、ぐあああああああああーーーー」
嬢はその白い液体のさらに先を搾り取るがごとく刺激を続け、ようやく手を止めるのでした。


「まだ時間あるけど、もう一度出しますか♪」
嬢は白い液体を温かいタオルでふき取りながら、そう呼びかけます。
「うーん、試そうかな」

そういうと嬢は再び足元に座ります。
オイルでぬれた温かい手で、僕の足の周りから玉を触ります。
「はん、はん!」

くすぐったさと甘い快感が混じる愛撫。
その不思議な快感に、延々僕は腰を跳ね上げさせられました。
一回目ですっかり搾り取られたのでさすがにもう一度はやめていただきましたが、その嬢の手抜きのない手わざに、ぐったりするのでした。

最後に嬢が下半身を軽くマッサージしてくれたのですが、気づくと嬢がシャワーを用意してくれています。
一瞬意識が飛んで気絶していたようです。
そういえば、前回も同じことがあったような。。
よろよろとシャワーを浴びて戻ってきます。

嬢はホテルの外までそっと送ってくれました。
先ほどの責め立てる表情から、普段の愛嬌たっぷりの表情へ。
嬢の表と裏の顔とでもいうのですかね。

その出会いの時の衝撃的な快感から、2年。
何度となく彼女の亀頭責めを思い出しましたし、一時期の不調の時期から呼び戻してもくれたもの。

記事としても10回目、もはや僕の中では殿堂です。
彼女はかつて言っていました。
「やっぱり相性ってあるから」

少なくとも、自分に相性が良いと思う嬢に出会えたのですから。
そこはうれしく思うものです。

また会いたいなと思う。
それがなにより、今は感謝なのです。
プロフィール

柴田慎也

Author:柴田慎也
亀頭責め好きのブログです。
ほかに無い快感にはまっています。
問い合わせの方はヤフーメール推奨です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
リンク
お気に入り
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード