FC2ブログ

エンドレスタイム 新宿 番外編 絶倫のツボ

前回予告しておきながら、痴女の誘惑の記事は少々延期です。
特に事情なく、書く気力の問題なのですけれど。

今回番外編としたのは、亀頭責め中心ではないからです。
それでも記事にしておきたいなという内容だったので、短めですが書いてみようと思います。

4月に入り新年度。
ようやくとれた休みに一度亀頭責めに行きましたが、なんとも期待外れな内容でした。
そのため、本当は何人かのメンバーの指名で行こうと思ったのですが、軒並み休みの日。

今年は仕事が忙しいので、疲れていたのでそうした回復を考えようと思いました。
疲れている時は、意外に亀頭責めも楽しめないもの。
少し楽になる6月前に、おなじみエンドレスタイムで久しぶりに明確に指名なく入ります。

OKだった嬢はHPのブログで知っているくらいでした。
興味はあったのでとりあえず予約。
そうしていつもの待ち合わせ場所に行くことにしました。

そこから電話して数分。
嬢がやってきます。
年齢は30代半ばから後半ぐらいの印象。
スレンダーなタイプが多い中では、小さめの女性的なタイプです。

笑顔で来た嬢は、ホテルに入るまでに腕を絡めてきます。
ちょっと驚きなわけですが、ややぎこちなくなりながらもホテルへ。
いつものホテルが利用できなかったので、そばにある120分3700円のホテルへ。
本当は一つ空いていたのですが、「あそこの一部屋だけは高いんです。」とのこと。

いつものホテルとは少し勝手が違うのですが、部屋へ入ると少し話をします。
嬢はマッサージ師としての独立希望で、今も学校へ行っているとのこと。
そういう意味では、今回のリラックスを求めてきたのにあっているかな。

「お茶買ってきましたのでどーぞ。」
そういうとペットボトルのお茶をもらいました。
ちょうど暑い日だったので、こういう配慮がありがたいです。

とりあえずシャワーへ。
ホテルのシャワーはやや出が悪くちょっと時間がかかりました。
そうして戻ってみると、嬢は黒い下着に上にかけるような白のコスチューム。
とはいえ下の方はずいぶんと薄着です。

促されてベッドにうつぶせになります。
「一番こっているのはどこですか?」
「足、かな」

嬢はそういうと裸でうつぶせの背中に、バスローブをかけてくれます。
そうして、足から指先で一通り押していきます。
揉んでいるにしては弱いかなと思いましたが、それは体のコンディションを確かめるものだと後でわかります。

「足も、こってますね。首もかなりはってます。」
「足はどうしてもね。首は猫背だからですね」
「じゃあ、足からほぐしていきますね」

そういうと足から揉んでいきます。
と、普段のもみほぐしだとぎゅっと押すのがセオリーです。
しかし嬢はゆっくり、丹念に軽く押すような感じです。

ゆっくりな施術だったので、そのままいろいろ話していきます。
お酒の話や、生まれ育った土地の話。
そのほか最近行ったバーベキューの話など、嬢がいろいろ話してくれました。

嬢の手の動きはゆっくりで、やはり押しもみほぐす感じではありません。
足の裏から始まって、ゆっくり上がってくる。
ふくらはぎをとおり、太ももへ。
それが左右の足を一本ずつです。

亀頭責めを求めていたなら焦れるような感じですが、今回はのんびり構えていました。
そうしていると、両足の施術終了。
しかしその間に体のめぐりが良くなったのか催して二度トイレへ。

戻ってくると今度はお尻のあたりをぎゅっと押してきます。
ぎゅっと押し込まれると、むず痒い心地よさです。
何度か押しほぐしていくと、嬢は手をさらに上に登らせます。

背中を再び手で押しほぐす感じ。
それが片方ずつ再び丹念に続きます。
左が終わると、今度は右側へ。

その間再び話しながらです。
強烈なものはなくある意味淡々とした施術が続いていきます。
はて、効果があるものなのか。

時間はそこそこ経過しています。
普通のマッサージを受けたぐらい。
やっぱり代謝がよいのか再びトイレ。
戻ってくると嬢は言います。
「じゃあ、最後は頭と首です。」

僕を仰向けに促すと、僕の頭の上のところに座ります。
そうして、首のあたりに手を当てる。
見上げると嬢の顔が逆さに見えます。

そうして僕の頭をあげて首に手を当てる。
かすかに嬢の指が動いていますが、もみほぐす感じは相変わらずありません。
集中しているのか、嬢は目をつぶっています。
「すごくこっています。」
嬢はそう言いながらも、指先で撫でるように首に触れています。

そうしてさらに頭の方へ。
「頭もすっごくこってる。」
同じく指先のかすかな動きでうごめくのみ。
そうして、ゆっくりとした時間が過ぎていきました。

嬢が頭から離れると、ふと気づくのです。
確かに首がぎゅっと凝っていたのが取れている。
「え、あれだけの動きでこんなに変わるの?」

正直、指圧に行ってもなかなか取れないコリが嘘のように取れています。
驚いた表情の僕に、嬢は笑います。
「ふふ、今言っている学校で教わったんですよ。首とか神経が集まったところはあんまり押すより軽くもむ方がいいです。」

なるほど、と思いました。
確かにそれ以外の体もずいぶんほぐれている。
受けている間は全く意識していなかったのですが、これはすごい嬢かもしれません。

その驚きのままに、嬢はうつぶせになるよう促します。
しかしマッサージは終了。
そういう嬢が、僕の背中にかぶさってきます。

密着する形で、僕の背中へそっと舌を這わす。
思わぬ口撃。
背中に吸い付いてくるように、舌先を這わせます。

「あう、ふう」
興奮にスイッチが入ってきて、その舌の感触を楽しみます。
じゅるじゅると、唾液を塗りたくっては吸いあげる。

「ああ、はあ」
思わずうつぶせのまま足をばたつかせます。
「キモチイイの?」
そういいながら、嬢の舌ははい回り続け、背中の半ばぐらいまで吸い付いています。

「ああ、ううういい・・・」
じゅるじゅるという音に耳を犯されます。
れろっと舐めあげては、唇が吸い付いてくる。
その心地よさにぶるぶると震えてしまいます。

舐めあげられた背中の余韻が残る中。
「じゃあ、今度は四つん這い。」と嬢が促します。
言われた通り四つん這いになると。
嬢は僕の体の下に頭を滑り込ませてきます。

そおっと、玉とサオが撫でられる。
一瞬快感にひるむと、もぐりこんだ嬢が乳首へ吸い付いてくる。
再び強烈な感触。
舌先で転がされつつ吸い付いてくる唇が、甘ったるい快感を呼び起こします。

体中が感じるようになりますが、乳首への感触のあまったるさに体が震えます。
その快感に上乗せするようにサオと玉が撫でられる。
じゅぷじゅぷと吸い付いてくる感触と並行するサオへの刺激に、腰が震えてしまいます。

「ああー! 乳首いやらしい!!」
「気持ちよくなる?」
吸い付きながら嬢が聞いてきます。
「いい! 気持ちいい!」

覗き込むと、嬢が弄ぶように先っぽを舐めあげています。
舌を這わせ、湿った乳首をしゃぶりあげる。
何とも甘ったるいシチュエーションで、脳を狂わせるのです。

「先っぽが湿ってきちゃったよ。」
そういってサオを撫でまわすと、ビクビクと動くのがわかります。
「ああ、ううふううーー」
嬢の舌の感触を感じたくて押し付けるようにしますが、嬢は巧みにしゃぶり続けます。

甘えるように吸い付く舌と弄ぶサオを触る手の感触をたっぷり堪能して。
嬢はそれから解放すると、仰向けにあるよう促します。
仰向けになった僕の右横に座るように嬢が一度ります。

今度はローションをつけてサオを撫でていきます。
じゅぷっとヌルヌルの感触の中で、嬢の手の肉の感触を楽しむ。
「あぐ、ぐうう!」
しばらくその感触に流されていましたが、嬢が再び僕の乳首をしゃぶりはじめます。

卑猥な感触の責め。
その感触にいつも以上に興奮してしまいます。
じゅぷじゅぷと触れていると、すでに湧き上がってくるものが。
「いっちゃう!」

嬢は手をおろして少しクールダウンさせます。
そうして再び玉を撫で上げるようにする。
少しするとその手がサオを上ってきます。

「あぐ、うう!」
じゅるっとした感触がサオを上ってくる。
先っぽを覆ってぐりぐりと手を動かすと、体がビクンと動いてしまいます。

何度かその責めに寸止めさせられて。
嬢が仕掛けたタイマーがなります。
「じゃあ、いっていいですよ。」

じゅぷじゅぷとサオを掌でこすりあげてくる。
「ああ、あああううううううーーーー」
今度は構わず上り詰めていく感触を楽しみます。
快感が少しずつ上っていくようになる。

「ああ、いっちゃう!」
嬢は手を止めず、その動きをさらに早くします。
じゅぷじゅぷと上がっていくものがせき止めることができずに湧き上がってくる。

「いく!」
どぴゅ、どぴゅ。
嬢は吹き上がるのをそのままに、サオをこすりあげてきます。

どのぐらい白い液体を出したのか。
この2日前に実は自分でしているので、たまりやすいとはいえそこそこと思っていましたが。
嬢の直後責めに体をよじらせると、左手に、濡れた感触が。

ベッドのシーツに、大きめのシミが。
ん、これは。
どうやら数十センチ離れた場所まで吹き上げたようで、腰からはるか離れた場所にまで射精したようです。

「すごい飛んだ。びっくり」
嬢は笑っていました。
そうして、一度ベッドを降りてサオをティッシュでふき取りながら言いました。

「『絶倫のツボ』、押したんですよ☆」

おそらく想像するに、あのお尻のあたりの押しほぐす動きなのか。
「体をしっかりほぐして、それから押すと聞くんですよ、『絶倫のツボ』」

何となくあるようなことは知っていたのですが。
たぶんここまではっきり効果を見せたのは初めての経験でした。
それは、ベッドのシミが語っています。

嬢とそのあと少し話しながら過ごしました。
絶倫のツボをはじめ、いろいろ感じるところはありましたが。
昔どこかで聞いたことがあります。
指圧で、一番効くツボは普通のマッサージでは触れない場所にあると。

その実践をしてくれたのでしょうね。
嬢とお別れして、再び軽くなった体を感じます。

この嬢なら、普通のマッサージで出会ってもよいかな。
そんな思いで応援してみようかと思います。

(この記事はエロ50%カットしています)

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

コメントありがとうございます。
記事はいずれ。
アドレスいただけたら、ある程度お伝えはできます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: いつも楽しみに拝見しております

コメントありがとうございます。
ワンコはずいぶん元気です。
メール送りました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

コメントいつもありがとうございます。
エロは50%カットで~。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 番外編も良いですね

コメントありがとうございます。
励みになります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 更新を楽しみに毎日拝見しています

コメントありがとうございます。
楽しまれていますか。
プロフィール

柴田慎也

Author:柴田慎也
亀頭責め好きのブログです。
ほかに無い快感にはまっています。
問い合わせの方はヤフーメール推奨です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
リンク
お気に入り
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード